ここから本文です

武蔵国の「武蔵」の語源って何でしょうか?

teg********さん

2014/9/915:38:24

武蔵国の「武蔵」の語源って何でしょうか?

閲覧数:
3,221
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

azu********さん

2014/9/919:03:35

『武蔵』の名称由来は、諸説あり特定されてないのが現状です。

飛鳥京・藤原宮木簡に『无耶志国』とあり、7世紀頃までは『无射志(ムザシ)』や『牟射志(ムンザシ)』と記録されています。

他にも『牟佐志』・『無邪志』・『牟邪志』・『无謝志』・『胸刺』という表記がありますが、全て当て字とされています。
『胸刺(ムネザシ)』は“ムサシ・ムザシ・ムンザシ”とは別国ともあります。

正直、『无耶志国』という表記があったという以前のことについては何も解ってないという感じです。
なので、語源も確定していません。

ですが、江戸時代の国学者から民俗学者は『武蔵国』の語源について色々と唱えています。

①『陸路廼記』で近藤芳樹は、「総(フサ)国の一部が分割され総上(フサガミ)と総下(フサシモ)となり、後に相模と武蔵となった」と記しています。

②『古事記伝で本居宣長は、「佐斯(サシ)国があり、後に佐斯上(サシガミ)と下佐斯(シモザシ)に分かれ、これが転訛し相模・武蔵となった」と記しています。

③『倭訓栞』で賀茂真淵は、「身狭(ムサ)国があり、後に身狭上(ムサガミ)と身狭下(ムサシモ)に分かれて相模と武蔵となった」と記しています。

④『武蔵の昔』で柳田國男は、「雑木林を蒸す“ムス”と 焼畑農地を作る“サシ”から由来しているのでは」 と記しています。

武蔵国の領域は、7世紀頃に知々夫国(知々夫・秩父)と无耶志国・胸刺国が統合して確立しました。

713年に元明天皇は、令制国(律令国)を定め国名を漢字2文字に統一し、『風土記』を編纂することを命じた。
その際に、“ムサシ”に『武蔵』が当てられましたが、なぜこの字になったかは不明です。

『武蔵』の名称由来は、諸説あり特定されてないのが現状です。...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

zez********さん

2014/9/915:51:50

定説がないんだそうです。
江戸時代の国学者たちは「駿河・相模から分離した」等々の説を唱えていたようですが、考古学的検証ではこの地がヤマト王権に服属する前は現在の群馬・栃木の勢力の領土であったことが判明しておりどうも辻褄が合わないため、現代ではほぼ否定されています。
他の説はこれといった資料的な裏付けがなく、古い時代の地形から「河川や湖沼が入り組んだ土地」という意味だったとかアイヌ語からの転化だとか古代朝鮮語だとかもうありとあらゆる仮説が飛び交っていてまったく収拾がつかない状況だそうです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる