離婚して後悔することってありますか? 離婚を考えています。子供がひとりいますが、まだ赤ちゃんなので親権は母親(妻)になると思います。 嘘つきで粗暴な夫にはいい加減ウンザリです。

離婚して後悔することってありますか? 離婚を考えています。子供がひとりいますが、まだ赤ちゃんなので親権は母親(妻)になると思います。 嘘つきで粗暴な夫にはいい加減ウンザリです。 離婚して後悔する自分が想像できません。こんな私でも後悔したりするんでしょうか?

家族関係の悩み1,272閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

相手の悪い所しか見えない人は、後悔も反省もしないでしょうから、同じ事を繰り返すだけのような気がしますが、相手の立場に立って物事を考えられるようになれば反省も後悔もするように思います。

その他の回答(6件)

0

まず、子供にとってなにがいいのか第一に考えていただきたいです。最低な旦那さんでも、子供にとってはたった一人の父親です。子供には父親と母親の両方必要です。 これから小学校、中学校、高校、大学となるとなにかとお金はかかります。質問者さんはお勤めはされてますか?母子家庭になって、生活できるかよく考えてください。いくら児童扶養手当(母子、父子の手当)や養育費を貰ったとしても、今より生活レベルは落ちると思います。(旦那さんが日本人の平均収入の場合) また、生活できたとしても、子供が熱を出して仕事休まないといけない時があったり、質問者さんが体調不良の時も家の用事は質問者さんがするのです。色んな面で辛いと思うことが増えると思います。 しかし、覚悟ができるのであれば後悔はしないと思います。 市役所の子育て支援課の相談員さん等に1度相談してみるのもありだと思います。離婚の方法等色々教えてくれると思います。

0

慰謝料や養育費の問題を離婚前からある程度クリアにしておかないと後悔する方もいますよ。 生活するにはお金が必要ですし、お子さんがまだ小さいならあなたも仕事に就くことが難しいと思います。 私も離婚経験者ですが離婚に対しての後悔はありませんでした。 目の前が明るくなったことを今でも覚えています。 でも子ども達との生活を守るための重荷みたいなものは感じました。 2歳の娘が保育園に入所するまでは、自宅で内職をしたんです。 4歳の息子は保育園でしたから娘を連れて送り迎えしながら内職をする毎日でしたね。 夫に何も期待出来なくなった時から、長い葛藤がありました。 夜は眠れないし体重は10キロ減り、あの頃は地獄でした。 「子供たちの為にも離婚したい」と思うようになり決断したんです。 私は離婚後、今の夫と知りあい再婚しました。 夫にも娘が1人いました。お互いに子連れ再婚です。 今の夫と知りあうために私は離婚したんだと思いました。 「結婚したら仕事は辞めて専業主婦になってくれ」と言われて本当に嬉しかったです。一緒に子供たちを育ててくれる人に出会うなんて思いもよりませんでしたから、お金なんて無くても楽しい生活でした。 再婚して20年が経ちましたが、私の2人の子供たちは大学も卒業し今は社会人です。 夫の娘も大学を卒業し社会人。 私たち夫婦は養育費なんて1度も貰わず子供たちを育てました。 夫婦ですから些細なケンカはありますが、もう2度と離婚はしません。 再婚する為に出会えた縁だと思います。 夫が言うんですよ。「子供たちは夫婦の宝だ。何があっても大事に育てないと罰が当たる。」 子供は自分の命よりも大事な存在ですからね。 妻をやめて母になると決めて、母子家庭に専念。(笑) そんな私の姿を見て夫は私を好きになったんだそうです。 私も同じでした。夫が娘の写真を嬉しそうに見せてくれて「可愛いでしょ?」と言うんです。 価値観が同じでした。 親バカ同士が再婚したんです。こんな人生もありますよ。

0

後悔するかどうかなんて誰もわかりませんよ。 離婚してどういう人生を歩むかわからないんだから。 結婚はギャンブルと同じなんだから失敗もあれば成功もある。 言えることは、離婚後後悔しないような人生になるようガンバレばいいんじゃないの

0

後悔はしないでしょう 開放感が生まれますから また 新しい人生が遅れます

0

必ず、後悔します。 子供に理由なんか無いです。 もしあなたが父親である方を悪く吹き込んだりします。あなたのお子様は嫌悪感を抱くでしょう。 しかし子供は今後、父親に会いたくなるんです。私自身、そうゆう環境で育ちました。母の実家で育ったのですが、母は私が四歳で離婚。私は父親の優しさを鮮明に覚えていましたし、離婚前は仕事ばかりで休みの日や仕事の後しか遊んでもらえませんでしたがとても優しく笑顔の素敵なお父さん。 幼少時、母は私の面倒を見ず弟ばかり見ていました。私は父の祖父母と父に育てられたような環境でした。 母は厳しく、父と婚姻中も私に虐待などがありました。 父と母のケンカが絶えず、母は私と弟を連れて実家に帰りました。私は、何度も泣いた記憶があります。お父さんに会いたい。お婆ちゃん、お爺ちゃんに会いたいと。 母は笑って誤魔化したり、母の実家の祖父母にはみんな死んだのだと言われ、教えこまれてきました。 もっと会話を覚え、小学校に上がるくらいに私はハッキリ言いました。 みんな死んでなんかない!生きてる! 母と祖父母は言いました、 あの人たちはお前を捨てたんだ、と。 私には信じられませんでした。 今でいう、片親疎外を真っ向に受けてました。 母はそれまで虐待をやめていたのに、私がこのような口答えをしてからは叩く、蹴る、罵声を浴びせる、が続きました。 お父さんに会いたい、お父さんは怒るけどこんなことはしなかった。お婆ちゃんとお爺ちゃんはいつも可愛がってくれた。 母は次第に男を作りました。 私たち子供には新しい男の存在自体が心や気持ちに対する虐待でした。 母は男にのめり込み、祖父母に預けられたりする日がありました。 母は新しい男をお父さんと呼ぶように私たち子供に言いました。 弟は本当のお父さんの記憶がなく、お父さんと呼ぶには時間が掛かりました。 私はお父さんともパパとも呼べませんでした。 私のお父さん、パパは夢にも出てくるあの人しかいない。 母からの虐待がまた始まりました。 私を無視したり、空気のように扱いました。 昔から弟だけを可愛がり、父と母のケンカの内容が薄ら覚えでしたが思い出しました。 父はいつも、私を大事にしろといつも母に怒ってたことも。。 記憶が鮮明になるまで時間は掛からず、 後悔ばかりが続きました。 涙ばかり流しました。 私は母の実家を隈無く探しました。 父の連絡先がわかりそうなもの、交番にも行きました。父の名前を覚えていたので、県は違えどすぐに連絡先がわかりました。 父に電話をしました。 助けてお父さん、と言いました。 お父さんは久しぶりの私の声にもすぐ気がつき、明日迎えに行く。◯◯に何時に待ち合わせしたい、事実上は俺は親だが、戸籍ではいま親でない。。 色んな手続きをしなければいけないし、もし◯◯◯が私の子に戻ってくれるということは母を裏切り、捨てることと変わらない。虐待を明るみに出せば母の家、実家はもう世にはすぐ伝わる。 ただ俺はお前のことを助けたい。 真っ直ぐに育てていきたい。父として愛していきたい。 私には迷いがありませんでした。 母の虐待、小さな頃から続いてたもの、すべてを晒しました。 父は、母と別れてから時が経つに連れて新しい家庭を持っていました。 私は父の所にも居場所が無いのか、と途方に暮れそうになりました。 父の新しい奥さんは言いました。 あなたが◯◯ちゃん? あなたのお父さんは、私と結婚する時こう言ったの。 もし◯◯と◯◯が私を訪ねて来たら、私は迷わず家族としてお前に紹介したい。 もし前妻の虐待が止まらないようなら私はお前と離婚してでも自分の子供を守っていきたいと思ってる。 受け入れがたいことを言ってしまったが、俺はあの子たちの父。 父として求めてくれるのなら俺は父として全うしたい、と。 私は父の優しさ、そしてそれでも私たちを受け入れてくれた新しい奥さんの寛大さに涙が止まりませんでした。 私はいままで甘えられなかったので、たくさん甘えました。 新しい奥さんをお母さん、ママとは呼べず今でも◯◯ちゃんと呼んでしまいます。 どんなに虐待を受けても母は母だと、それも父から教わりました。 程なくして、弟も一緒に住むことになりました。 弟は父の記憶がありませんが顔がそっくりすぎて、誰が見ても親子とわかります。 弟も時間などいらず、本当の親子なのだと幸せな日々が始まりました。 母の祖父母とはたまに連絡を取りますが、こんなに素敵な父を悪者に仕立ててたことに怒りを感じ、私と弟は文句ばかり言いました。けれど父は母の祖父母に謝りました。 私の子供が大変失礼しました、私が責任を持って大事に育てます、失礼しますと。 私が小学校5年、弟が小学校3年の時の出来事です。 父と過ごしてからは幸せで苦労もありましたが父のような人が親で幸せです。 女性は女性の立場を利用し、私も悪に手を染めるところでした。 絶対に、必要のない父なんかいないんです。もっと考えてください。。

大変でしたね。 あなたの親御さんの場合は良いお父さん&悪いお母さんだったから「必要ないお父さんはいない」と思えるんだと思います。 我が家は逆です。 平気で嘘をつき、自分に都合がわるくなると暴言をはき、物を投げ、赤ちゃんがないても抱きもしない、生活費もわずかしか渡さない、それが私の夫、うちの子の「父ちゃん」です。 子供の立場からみたら、こんな暴力的なお父さんでも離婚せず共に暮らしたいのですか?あなたは虐待したお母さんと暮らしたくなかったのでしょ? それなのに我が家の離婚は後悔する、とおもわれたのはなんでなのでしょうか。