ここから本文です

よく株で寄り天、寄り底といいますが、何を根拠に言っているのでしょうか。

pikachu_pikadonさん

2014/9/2522:50:52

よく株で寄り天、寄り底といいますが、何を根拠に言っているのでしょうか。

閲覧数:
10,143
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tettyan4152さん

2014/9/2523:45:52

初めて値段が付いたその日の一番高い値段が寄り天、逆に一番初めにその日の安値を寄り底といいます。
又、初めて上場した場合は寄り天で買うとどうしようもなくなってしまいます。
お気をつけ下さい。ちょっと余計な事を書きました。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2014/9/2610:59:07

寄り天はその日の始値=高値の場合です。
私自身は余り聞いたことがありませんが、寄り底は始値=安値の場合だと思います。
なので、理論的には大引け後に初めてその日が寄り天、寄り底であったと言う事ができると思います。

大引けの前に寄り天、寄り底と言う場合は、寄りから一本調子に上げていったり、下げて行ったりして、1日の値動きが予想される場合に言っているのでしょう。
つまり、想像で言っているので、厳密に言えば根拠はなし(大引けまでは株価はどうなるか分からないため)ですが、前述のように予想で言っている場合はその日のチャートを根拠にしているのかと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。