ここから本文です

HG.RGのガンプラを作っていて、毎回思うのですがなぜ1/144にしたのでしょう。1/150...

fre********さん

2014/9/2900:04:52

HG.RGのガンプラを作っていて、毎回思うのですがなぜ1/144にしたのでしょう。1/150や1/140などのキリのよい数字にした方が良かったと思うのですが。
機体によって大きさも違うから毎回1/144に

すると大きさがぴったり何センチ何ミリとなるとは思えませんし。
わかる人がいたら教えてください。

閲覧数:
292
回答数:
5
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hum********さん

2014/9/2901:36:59

初代ガンダムの全高は18mだったでしょうか?

人間の標準身長を180cmとすると、ピッタリ10倍でして。

ところで、18って数は3の倍数です。欧米の計算方法は12進数ですから、これまた3の倍数です。

つまり、12という数字は、ピッタリ半分になり、故にピッタリ4分の1、8分の1になり、さらに、ピッタリ3分の1にでき、6分の1、9分の1になると。
144というのは、12×12です。馬鹿でも計算できます。

スケールというのはそーゆー風にして出来上がった寸法なんですよ。

ホームセンターなどへ行くと、スチール製の物差しが売られてたりしまして。センチとインチの対応表みたいなものが書かれてたりするものもあったりします。

1と16分の3とか言う寸法が出てきたりする。これが、あちら流の単純明快な、誰でも計算可能な数字なんです。

  • hum********さん

    2014/9/2901:42:07

    書き忘れましたが、欧米では人間(正しくは「男性」)の標準身長として6フィートという寸法を使います。

    したがって、180cmや18mといった数よりも単純だし、10進数だと端数がでてしまう数が、端数無しで計算できるんです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2014/9/29 17:26:25

降参 一番早く回答していただきありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kid********さん

編集あり2014/9/2909:52:42

既に回答が出ていますが、
初期のガンプラのキットの(企画としての)完成時の大きさと、模型の世界でのスタンダードな縮尺に合わせた結果、1/144スケールになりました。

完成時の大きさについては、10数センチという大きさが、人間の手には手頃な大きさです。

そして、1/144というスケールについては、素数が多い12の倍数が分母として使いやすいので、模型では伝統的に使われる縮尺です。
以上の理由から1/144というスケールが使われるようになりました。


余談ですが、最近のガンプラでもきっちり1/144スケールの数値になるものは少ないですよ。
大概、頭1つ分(実物の寸法に直すと1mちょっと)くらい大きかったりしますよ。
酷い言い方ですが、「そもそも実物が無いので、大体で合っていれば良い」んですよ。
スケールモデルだって厳密な縮尺と比較すると、「窓や翼が分厚すぎる」のですから。
素材の強度問題や、見栄えがするように、ディフォルメされるのは、模型ではよくあることです。

che********さん

2014/9/2906:39:14

1980年発売の1/144ガンダムは当時、バンダイで展開していたベストメカコレクションの第四弾として企画開発されました。
ベストメカコレクションは当時、放映されていた戦隊ロボやスーパロボットと分類されるキャラクターを300円で展開してました。企画時点では300円ガンダムでした。スケールではなく値段しか決まってなかったのです。
ただ、宇宙戦艦ヤマトシリーズのヒットからスケールモデルでということを開発者側は考えていたそうです。
設計が完了しスケールを算出したところ偶然にも国際スケールである約1/144だったことに起因しています。ただシリーズを統一の300円価格で売りたいという思惑もあったが結果的に1/144というスケールを優先させて今日にいたります。詳細はアスキーメディアワークスから発売されてるガンプラ開発真話(現在は新書版もあり)に経緯が書かれてるのでそちらをご参考に。

rx7********さん

2014/9/2901:00:56

スケールモデルの世界は
1/35、1/48、1/72、1/144と大きさがあります。

300円の最初のガンダムを作ったときに
偶然大きさが1/144にぴったりなので
国際スケールの1/144となりました。

それからずっと1/144が続いています。

1/72では大きすぎるので
1/100というサイズが作られました。

1/72はメカニックガンダムとザク
1/48はメガサイズ
1/35はUCハードグラフと今でも国際スケールに沿った商品が出ています。

プロフィール画像

カテゴリマスター

hit********さん

2014/9/2900:41:17

ガンダムのプラモデルの1/144に限定して回答すると、300円のメカコレクションのガンダムが、たまたま約12.5cmで1/144スケールだったというのが理由です。

AFV=1/35スケールというのもタミヤがパンサー戦車を単2電池が2本入るサイズで作ったら、たまたま1/35スケールだったのが始まりです。

1/144というのはガンプラ登場以前に飛行機模型のスケールで存在していました。
その理由は12フィート(3657センチメートル)を1インチ(2.54センチメートル)に換算して縮小すると144分の1サイズになるからです。
1/72スケールも同じ理由です。

10進法のメートル法だと変だと思われるかもしれませんが、ヤードポンド法は12進法なのでキリの良い数値になるのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる