ここから本文です

単行本の原価?材料費?ですかね

vdk********さん

2014/9/2919:57:37

単行本の原価?材料費?ですかね

あれっていくらぐらい何ですか?

えっと、ジャンプの大きさのと鬼灯の冷徹ぐらいの大きさの物を教えていただけると嬉しいです!

450円とか570円とかちょっと高い気もしますが、作品自体が素晴らしいので思わず買っちゃいます笑

あ、ちなみに週刊少年ジャンプで思いっきり見ています。なのに買っちまいます。

閲覧数:
466
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

exh********さん

2014/10/400:26:53

どこからどこまでを「原価」あるいは「材料費」とするかで大きく違います。

作品ごとに発行部数が違うため、個々の本による違いが結構ありますが(例え本の形や仕様が同じでも)、一般的に書籍のコストは、以下のようなバランスになっています。

仮に、挙げられた例にあるような大手出版社の刊行物であり、初版は売り切れるという前提です。
書店と取次(本の問屋のようなもの)の取り分が30%程度です。残りを出版社側が取りますが、その内、印税として作者に支払うのが10%、印刷や編集などに必要なコストが30%、管理などに必要なコストが20%程度で、利益として得られるのが10%程度です。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

unt********さん

2014/10/412:17:53

印刷する材料などの、原材料費+印刷費で、1万~2万部刷るのに
100万~200万程度とのこと。
ここに人件費等・印税も入ると、大体250万前後。
もちろん、大量にすれば1冊単価は安くなるので一概には
言えませんが、1冊あたり大体200円ぐらいのものを
売っていることになります。
とはいえ、刷った分=売上ではなく、6割7割売れれば御の字です。
刷らなきゃ売り切れ=機会損失、余れば不良在庫・・・
悩ましいところです。

で、実際には漫画雑誌のほとんどが、本誌そのものは
赤字なので、単行本の売上でそれを埋めています。
ジャンプやマガジンみたいに、本誌売上が数百万部、みたいな
ところは特別ですが。
弱小漫画誌で新刊の初版も数万部、みたいなところは
結構厳しいと思います。
なので、ボロ儲け、というわけでもありません。
逆に、最近多いドラマ化とかアニメ化などで、聞いたこともない
雑誌の聞いたこともないマンガが突然のヒット、なんて場合、
出版社的には非常にありがたいと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる