ここから本文です

年末調整でどれだけお金が返ってくるか、だいたいでよいので教えてください。 私...

hjg********さん

2007/11/2809:44:18

年末調整でどれだけお金が返ってくるか、だいたいでよいので教えてください。
私(夫)の年収は税込み230万円ほど。
妻の年収も同じく220万円ほど。

子供はいません。税制上の扶養家族はいません。夫婦で二人暮らし。
持ち家で住宅控除などもありません(数年前に完済済み)。
火災保険等は年間でわずか1万5千円ほどです。
障害保険等は年間で6000円程度です。

おおよそ、おおまか、予想でもよいのでどのくらい年末調整で返ってくるかを教えてください。

補足あと、夫婦ともに、正社員で働いており、
この場合、私は税制上、配偶者がいるからといって、なんらの控除やメリットは無いのかも教えてください。

閲覧数:
65,995
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mr_********さん

2007/11/2813:07:15

奥様の年収が220万円ほどであれば、税務上の控除(配偶者控除及び配偶者特別控除)はありません。
ですので、メリットはありません。

ご質問者様の年末調整での還付額は、他の方も言われているとおり、どれだけの源泉徴収税額があるか、社会保険なのか国民健康保険なのか等によって変わってくるので一概に申し上げることは出来ませんが、仮定して計算してみます。

社会保険に加入し、賞与は一切なしとして計算します。

月の収入 およそ192,000円
社会保険料 23,188円(健康保険 7,790円 厚生年金 14,246円 雇用保険 1,152円)
源泉所得税 3,550円
と仮定します。(算出方法等については後述の参考URLをご参照ください。)

年末調整
給与等の金額 2,304,000円
給与所得控除後の給与等の金額 1,432,800円
社会保険料の控除額 278,256円
生命保険料控除 6,000円
基礎控除 380,000円
課税給与所得金額 768,000円(1,000円未満切り捨て)
税額(税率5%) 38,400円
既納付税額 42,600円
還付税額 4,200円

この予想だとおよそ4,200円が還付されることになります。

参考
国税庁 年末調整の手引き http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/nencho2007/01...
国税庁 源泉徴収税額表 http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo200...
社会保険庁 健康保険・厚生年金保険料 http://www.sia.go.jp/seido/iryo/ryogaku1909/ryogaku01.pdf
雇用保険料 http://www.e-roudou.go.jp/shokai/choshu/20301/2030108/index.htm
 
 

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「年末調整 いくら戻ってくる」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

y_o********さん

編集あり2007/11/2812:29:20

特に人的控除(控配、扶養等)が無くても年調で所得税が戻る時があります。

それは月々の給料或いは賞与からの納め過ぎによる事なのですが、具体的には給料での過不足はそれほどありません。

大部分は賞与からのものです。では賞与から引く源泉税はどうやって決まるのかというと、それは前月の給料で賞与から引く税率が決定します。(勿論ある計算に基づいて)

ですから6月の賞与は5月の給料、12月の賞与は11月の給料でとなります。

ということから管理職の方はさほど関係ないですが、一般職の方は4月・10月に時間外勤務を沢山やれば5月・11月の給料が増えるのでそれぞれの賞与から多く所得税が源泉されます。(会社の都合でこんな上手くはいかないでしょうが)

pen********さん

2007/11/2812:13:25

誰もわかりません。
年末調整での還付は、1月からの所得税の徴収総額が、年末調整での確定所得税より多い場合に戻るのです。
最大で今年徴収された、または12月までの徴収「予定」の所得税の範囲です、「予定」だからわからないのです。
収入額が直接に還付とは関係ありません。

それに、年末調整は所得税確定の計算であって、所得税は還付も追徴もあります。

rik********さん

2007/11/2809:53:32

年末調整で還付される一番の条件は、税金を納めている事です。年間幾ら納めたか解らないと還付額も計算できませんし、年末調整で必ず還付されるとは限りません。不足分を徴収される可能性だってあるんですよ。
配偶者の有無は何の役にも立ちません。

pla********さん

2007/11/2809:51:52

生命保険料の支払いがないし、
(生命保険料だと、最大で10万円まで控除される)
損害保険(火災保険とか、障害?保険(傷害保険では?)とか、)の控除は
最大でも3000円までしか控除されません。
(でも、今年からなくなるんだっけ?)

しかも、奥さんも正社員でどちらも扶養家族なし。
ある意味。独身者と同等。

年末調整しても、ほとーんど戻らないどころか
逆に「足りませんでした!」と一気に徴収されるかもしれないですね~。

これが、
「奥さんとか子供の扶養がある」とかになると
少しは違ってくるんですけど。

ote********さん

2007/11/2809:45:48

傷害保険は、今年から原則関係ありません。
うかがった状況から推測すると、数千円程度でしょうか。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる