しつこくてすいません。 私のことですが、ワームで根魚を釣るということは、なんか自信がないというか、完全に心が折れてしまっています。 それでお聞きしたいのですが、ロックフィッシュをや

しつこくてすいません。 私のことですが、ワームで根魚を釣るということは、なんか自信がないというか、完全に心が折れてしまっています。 それでお聞きしたいのですが、ロックフィッシュをや るときに、気を付けなければならないこと(例えばボトムを取るとか)があれば教えてください。 はっきりいって、バランスが崩れてるというか、最初から釣れないさ、なんて思ってる自分がいます。

釣り478閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

リクあざぁす(^-^ゞ 心折れましたか。ロッドが折れなくて何よりです。私は今年、オシアAR-C806ULとテクナGP TAV- GP64SXLJ ミドストスペシャルのティップと長年の連れ添い、最愛のロッド、サムライニンジャハラキリフジヤマのガイドが折れて大散財でした。更には車上荒らしにあってオーシャングリップ2510限定一刀彫を盗まれて、更に愛用のdepsのインフレータブルジャケット膨らまされて別の意味で心が折れそうになりました。 で、そんなことじゃないですよね。あ、今酔っているので申し訳ない。あなたの過去質見たら広島カープファンなんですね。今晩の試合は残念でしたね。マエケンのあのボークはどうですかね?微妙な判定だったと思うけどあの判定で試合の流れがガラッと変わっちゃいましたね。実は私も以前はカープファンで、野村-正田-前田-江藤-金本のあの頃のクリーンナップ思い出すと未だにワクワクします。今は日ハムファンですが、お互いCSをホームで見れないのは残念ですね。 で、本題はロックフィッシュですよね。釣れないですか。魚種によっては餌よりも釣れるんですが。ポイントはどういった所に入っていますか?ガイド本とかネットとかで紹介されている所ですか?いわゆる名所って言われているポイントは素人さん向けの釣り場です。ロックフィッシャーは餌釣りさん方よりも高等な存在です。ですのでポイントは自分の足で探すのです。若い時投げ釣りクラブに入って大御所に教わりました。魚はいそうな所にいない、いなさそうな所にいるって。自分で探したポイントとそのポイントにみあった釣り方を探せって。そうしないとランキングで上位に入れないって。自分の足で歩いて、実際に釣ってみてこそボトムの様子、海草の付き方を知るんです。またソルトにおいてボトムは一定ではありません。時化や大雨なんかで砂が乗ったり去ったり。砂が去ってボトムのストラクチャーが出てくると魚も着いてくる。そういう事を知る努力が大切。どんなガイド本にも載っていない小さな港のテトラ際を攻める、船揚場を攻める。あっ、こんなところでこんな魚が釣れるんだ。その繰り返しです。 誰も釣りをしてない場所で釣りをするのに抵抗がありますか?誰も釣りをしていない小さな漁港の付け根のテトラの上からアイナメのヨンマルオーバーを36本、誰も釣りをしていない海水浴場の脇でオシアAR-C1006にツインパ4000、PE、リーダー20lbのヘビータックルで漁道90ヘビーサーファー投げ続けてヒラメの80は自分でも驚き同時に感動しました。人が釣りをしていない所で釣るのなんて恥ずかしくなんか無いです。だけど1週間後は同じかどうか分からない。それがソルト、それがロックフィッシュです。新しい釣りのジャンルだからポイントは自分で探して開拓する、それがロックフィッシュ、特にハードロックフィッシュの先駆者にはそれが求められるんです。 私はポイントとその見極めがロックフィッシュの全てと思っていますが、メソッドとしてのタックル、ルアーの選択も重要ですね。オーソドックスなタックルとしては自分はサムライニンジャハラキリフジヤマ、アンタレスDC、16lbフロロです。これで3/16oz~1oまで扱います。何故?と問われるとゴーマルクラスのアイナメは12lbのフロロをいとも簡単に食いちぎるから16lbを使うのはやむおえないんです。で、ワームですが、私の16年の経験と消費したワームの数、種類から最高のワームとフックを選択すると、イマカツ ジャバロン90リアルカラーとがまかつワーム322の#2で潮の加減によって3/16~1/4ozのタングステンバレットシンカーを使い分けてボトムすれすれのテキサススイミングが最強です。イマカツ ハドルスイマー3インチリアルカラーとがまかつワーム321#1/0もいい線いってます。ここで、じゃバスと一緒じゃん、だけどラインの16lbって何?とバサーの方は思うでしょうね。ですが、ロックフィッシュでは私は16lbを譲れません。それは長年の経験から言える選択と、それに伴う太いフロロラインを扱うテクニックがあるからです。 ガイド本にも載っていない、人からも聞いたこと無い、そんなポイントじゃリグのロスト半端ないんじゃない?そういった不安も有りますが、それは当然です。タングステンバレットシンカーいくら捨てようがワーム、フックいくら捨てようが関係無いです。気持ちは滅入るけど金額にしたらたかだか5000円位。そんな金額を浪費だと思うようならロックフィッシュは出来ません。 何で釣れないんだろう?それはあなたのポイント、タックル、メソッド、テクニックのいずれかがずれているからでしょう。 ↓ ちとこちらもご覧あれ。参考になることが幾つかあるはず。 http://fishing.blogmura.com/mebaruturi/ 探すと何かヒントがあるもしれませんよ。 私のブログも載ってたりします(照れ) では、めげずに頑張って。 釣りの女神様へのお祈りを欠かさずに。 でわでわ。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

さすがです。

お礼日時:2014/10/8 7:25

その他の回答(7件)

0

テトラや岩礁帯を攻めるなら、奥の奥までルアーを落とし込む。 で、着底したら底から浮かす瞬間に集中してください。 だいたいこの時にバイトしてきます。 1~2.5インチのワームに1.5g程度のジグヘッドでしたら、魚のサイズは選べませんがボコボコに釣れますよ(^^) 朝4時~夕方まで、1日100匹とか軽く釣れちゃうくらいに… もちろん、小さいのは即リリースですが。 釣り荒れちゃうと、そのポイントは少しの間釣れにくくなります。

0

時間帯を気にしてみるのはどうでしょうか?そこに何回も通って食いのいい時間帯を探してみてください あとワームも変えてみては?

1

ルアーも餌も、釣れると思って釣るのと釣れないと思って釣るのでは釣果が変わります。 ルアーが釣れないと思う気持ちはあるかもしれませんが、基本に忠実にやっていれば必ず釣れるものです。また、殺気がラインからルアーに伝わっていませんか?(笑)集中しすぎていると釣れないものです。 まずは肩の力を抜いて、基本に忠実に。 釣れると信じて頑張ってください。すぐに答えが返ってくるはずです。

1人がナイス!しています

あっ、それわかります。 晴彦さんも言われてましたね。 私もグリパンは釣れないと思ってたら、釣れませんでしたが、一度釣れたら鉄板になりましたからね。

1

根掛りを恐れず必ずワームは底に落とすことですね。 ジグヘッドは可能な限り安い物で十分です。 根掛りして失うものだと思って攻めないとダメです。 ひとつ千円を超えるようなルアーを失うと痛いですが、ワームとジグで100円にも満たないようなジグヘッドならそんなに痛くないですから、ガンガン底とらないとダメですよ。

1人がナイス!しています

0

僕の場合は、餌を使うとリリースサイズまで釣れてしまうので、餌よりあえてワームを使います。 根魚が底にいるとすれば、底をとるのは大前提です。 僕なりのキモですが、底をとったら、ルアーを跳ねあげて、ラインテンションを抜いて底まで落とす、です。 アタリに慣れるまでは、次の跳ねあげの前にラインテンションでアタリをキいてから合わせるといいです。