ここから本文です

モデルガンについてです。

Pride Of Greenさん

2014/10/923:31:48

モデルガンについてです。

KSC P230JPが最近になって再販されるみたいですね。
ずっと在庫なかったので、すごく嬉しいですね!
そこで質問なんですが、、。

KSC P230は未だに在庫あるとこ見かけますが、、。
P230JPとP230の違いはどこなんでしょうか?
また、耐久性が違ってくるもんなんでしょうか?

あとHWSからでている、リバレーター?リベレーター?
どっちでもいいですけど、それって評判はどうですか?リアルに再現されてますか?なんか実銃は分解できないのにモデルガンでは分解できちゃうみたいですよね。。。

あとそれから!

モデルガン タナカ M500ESのことなんですが。
あれずっと前から欲しいんですよ。
が、しかしモロに狩猟用の銃として人気があまりないみたいですね、、。
ぼく結構好きなんですけどねぇ。。。
んでもしかしたらあれ人気がないから、再販とかなかなか無くなってしまうんですかね?こわいこわい。。。
モデルガンっていつ廃盤になるかわからないしこわい。そして悲しい。。。
もっと活気溢れるといいなぁ。

長くなりました。回答よろしくお願いします!!!!!

モデルガン タナカ,KSC P230JP,リベレーター,M500ES,リバレーター,ジャミング,カートリッジ

閲覧数:
420
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2014/10/1018:01:41

>P230JPとP230の違いはどこなんでしょうか?

日本警察仕様用に、
・マニュアルセフティの追加
トリガーとハンマーのコンタクトを物理的にブロック(カットではない)。

・日本お決まりのランヤードリングの追加

・.380ACP弾ではなく、.32ACP弾仕様を採用。
カートリッジが小型になったせいで、マガジンへの装弾数が結果1発増えた。(8+1発)

↑これらは実銃でのこと。

KSC製モデルガンでは、カートリッジは.380仕様。

キャップ火薬は予想に反して(?)7mmキャップ火薬を使用。
薬量的に5mmキャップ火薬と7mmキャップ火薬の差はない。
一部では「7mmの方が強力」
「いやいや、5mmの方がパワーがある」
などという意見があるが、製造メーカーではこれらには触れず、ただ単に「薬量は全く同一」と公開しています。



>また、耐久性が違ってくるもんなんでしょうか?

最初期ロットのP230から購入していますが、耐久性に関係すると思われる点では、フレームに若干の金型変更があったようです。
元々金属性インナーシャーシを使用しないモデルなので、その点も考慮したのかもしれません。
フレーム強度に関してはABS製もHW製も特に問題は無いと思います。

問題があるとすればスライドassyですね。
初期ロットではジャミングの連続なので、KSCの広告は誇大広告かと思ったほど。
カートリッジがあちこちに擦過した様子を調べ、また本来しっかりと保持すべき場所もチェックしたところ、フィーディングに若干の問題が見られるものの、こちらはまだ可愛い方。
エキストラクターの形状とカートリッジの保持(支点、力点の関係?)がアンバランスのようでした。
これはマイナス調整で対処できたので、エキストラクターがスムースに作動するよう、鋭角な部分を加工することにより改善が見られました。
カートリッジの保持に関しては、MGCのGM12系のようなカートアシストが欲しいところなので、プラ板で自作したところ、ジャミングは減りました。
ちなみにジャミングは排莢時の方が圧倒的に多かったです。
次のロットでKSC側もこれらを改修しマシになっています。
エキストラクターの形状も初期ロットとは異なるモノになりました。
耐久性に関しては最初期ロットも再販分もJPも、ほとんど変わり無いのでは?
フレームの一部が少々分厚くなったので良くなっているとは思います。




>あとHWSからでている、リバレーター?リベレーター?

ザ・リベレーターに関しては実銃を見たことが無いので、写真との比較くらいしかできませんでしたが、思った良いも大きいなというイメージでした。
人によって感じ方は様々でしょうね。
こういった趣味性が高いモノが発売されるのには理由があります。
もちろん市場で販売されなければ儲けが出ないわけですが、日本の市場など限られているのでマイナーなモノでは元が取れません。
今では珍品扱いされている実銃ザ・リベレーターなので、海外輸出用としての需要があります。
名前やカタチは知っているけれど見たことはないという人は多いはずで、それが精密にトイガンで再現され、誰でも購入できるとなればそこそこは売れるでしょう。
現存数が少ないボーチャード(ボルクハルト)をモデル化するのに似ています。
実銃の世界では非常に高価かつレアなので、精密なトイガンは歓迎されています。
なによりも実銃に比較すると100倍くらい(?)安価ですし。
多くの「ルガー・クレイジー」最後の難関が、日本製トイガンにより完結、というのもおもしろいですね。
ザ・リベレーターは連射ができない、エキストラクターが無いので排莢すらできないシロモノですが、当時のフランス・レジスタンスはコレを使い武装したドイツ兵を襲撃、ある時は相手を倒し装備品を奪うことに成功したことでしょうし、失敗し殺されたレジスタンスもいることでしょう。
いずれにせよ、こんなモノを空からバラ撒くのですから、
「お前ら、戦う最低限の道具を与えるから、なんとかしろ」
と言われているようなものです。
ザ・リベレーターがもしも無ければ、あえてドイツ兵に戦いを挑まずに済んだ人もいるかもしれません。
当時のフランス人は.45ACP弾なんて見たこともないはずでしょうから、色々な意味で驚いたでしょうね。
モデルガンを見る限り、現存するどの実銃写真よりも「きれい」です(笑)。
機能を排除し、せめて鉄板プレスで作れるくらい銃刀法が緩ければもっとリアルに造れたことでしょうね。
そもそもプレス製品を金型で樹脂成形ですから、実銃よりもずっと高くつくモデルガンですね(笑)。
グリップ感は、私の手には少々大過ぎます。
ウエザリングやエイジング・カスタムが似合いそうです。




>タナカ M500ES

全く興味が無いので所持していません。
細々と再販しないと元が取れないでしょうから、再販されるのでは?
M500なんて実銃でもレンジで見たことがありません。
ビッグゲーム・ハンティング時、緊急時の護身用やトドメ用としては便利かもしれませんね。

  • 質問者

    Pride Of Greenさん

    2014/10/1207:13:03

    そーなんですねぇー!
    マニュアルセイフティなかったんですか!実銃のリバレーターは今じゃ珍品扱いなんですね!モデルガンが売れるわけですね!

    そうですよね。樹脂ていうところがちょっと買う気が失せますよね笑 KSCのP230もいいのですが、KSCってなんか部品の供給がよくなさそうなので、同じ中型オート、マルシン ワルサーPPKかPPK/Sを買おうかななんて思うのですが。
    ワルサーPPはもう持ってます!
    PPKとPPK/Sってどっちのほうがリアルに作られてますかね?
    この前なんだかPPKのほうが実銃に近いと聞いたような気がします。。。
    あ!あと!
    PPKて、ダミーカート仕様のものがあるじゃないですか!
    ぼくは発火用のものを買ってデトネーターを外してダミーカートで遊ぼうと思うんですけど、
    細かな違いはあるのでしょうか?

    いくつも質問してすみません笑

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2014/10/16 00:54:16

回答ありがとうございました!
またなにか疑問がでてきたときはお願いするかもせれません!
その時はよろしくおねがいします!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

red********さん

編集あり2014/10/1009:00:03

P230JPにはマニュアルセフティがありますが、P230にマニュアルセフティはありません。
無いと玩具としてまずいので、KSCはデコッキングレバーをずらすとトリガーがロックされる独自のセフティ機能をもたせています。
実銃の安全機構を尊重しない、たいへん余計なことです。

リベレーターは大ヒット中(笑)ですが、ブローバックやシリンダーの回転といったアクションもなく、連射もできないモデルガンには個人的に魅力を感じません。
鋼板プレスの実銃を、HW樹脂で再現することに無理があります。
存在自体は面白いですけどね。

あとそれから!

M500ESなるものは知りません。ごめんなさい。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる