ここから本文です

銀行の定期預金の利子がより短い期間の方が高かったりするのは何故ですか?

biw********さん

2014/10/1207:47:37

銀行の定期預金の利子がより短い期間の方が高かったりするのは何故ですか?

例えば某S銀行の場合2週間満期で0.15なのに、1年定期だと0.04です。
他でも1年定期の方が3年定期より高かったりするところがありました。

閲覧数:
275
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

uq3********さん

2014/10/1209:02:17

基本的には、定期預金は預入期間が長い方が、金利が高く
設定されているものです。長い期間預入するということは
銀行側も長期間その資金を貸し出して収入を得ることができるからです。

景気が良ければ、貸付金利は高くなり収益が出ますが、
景気が悪くなれば、貸付金利は低くなり、銀行側にリスクが生じます。

短期の定期預金であれば、景気に合わせて金利を変動できるため、
高めに設定される傾向にあります。

しかしながら、短期の商品ばかりでは、
長期間、資金を貸し出して収入を得ることができないため、
「仕組預金」のような商品で、途中解約不可、
最大10年の預入期間にするが、銀行の判断で満期日を繰り上げる
ことを可能とし、3年目までは金利0.40%とし、
それ以降、段階的に金利を上げる商品もあります。

よって、預金をする場合、
それぞれの貯蓄商品内容を良く理解し、
金利に左右されることなく、
預金目的にあった商品を選べば良いのではないでしょうか。

質問した人からのコメント

2014/10/12 19:50:31

目的に合わせた商品を選びたいと思います。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

min********さん

2014/10/1218:44:11

1-3ヶ月の高金利の定期預金は、他の金融商品を勧めるための撒き餌でしょう。退職金とかボーナスをとりあえず入れて貰うための。
退職金の場合は、じっくり検討できるように1年の場合が多いですね。

しかしご質問の2週間定期は少し違うように思います。上限や期限がなく、暫く続いています。
あおぞら銀行(0.2%)やイオン銀行(0.12%)の普通預金と同じように、短期間で移動する資金のサイフとして使って貰う想定ではないでしょうか。口座を作って貰えば資金の移動では手数料が入ります。

vwv********さん

2014/10/1212:19:53

先ず、利率表示は「年利」で表示され、受取利息は「預けた日数分だけ」であり、預金の受取利息の計算は、次の式です。
「元金 × 利率 × 日数 ÷ 365日」

2週間を年間に換算して1年と比較したら確かに、
「2週間預けて0.15%」 > 「1年預けて0.04%」となります。

これは瞬間風速的なキャンペーンであり、長くは続きません、また、その預金の受入総額には限度があると思います。
スーパーの目玉商品と考えてください。

1千万円を2週間預けた受取利息(税引前)
0.15%・・・・・・・・575円
0.04%・・・・・・・・153円

mos********さん

2014/10/1210:24:17

「広告宣伝」として特別に金利を高くしていることがあります。
また、「すぐ利率を下げることができる」ということもあります。

例えば、新生銀行は今の2週間定期の利率は0.15%ですが、以前はもっと高かったと記憶しています。高い利率を長く続けられません。
数か月後は、もっと安くなっているかも知れません。

ここ数年の日本経済は、もっと低金利になるだろうと、銀行は確実視しているということでしょう。

aja********さん

2014/10/1207:57:37

銀行は顧客の預金を運用することで儲けています。なので「返さなければならない時期」が先であればあるほど、自由に運用でき、儲けるチャンスがあって、有利です
そのため、顧客に、普通よりも定期、定期でもより長期のものを選んで貰うために金利を上げているのかと

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる