ここから本文です

学生時代の借金(滞納)について。 学生時代に学生ローンで作った借金を今まで滞...

みみさん

2014/10/1503:35:01

学生時代の借金(滞納)について。

学生時代に学生ローンで作った借金を今まで滞納していました。
作ったのは大学生の頃で、最後に返済してから5年以上経っています。

私自身は電話番号や住まいも変わっていましたが実家に督促の書類がずっと届いていたようです。

先日、再び督促書類が届き、支払いのない場合は裁判にするというようなことが書いてありました。
私は書面を確認していませんが内容を見た親が連絡を寄越しました。

金額は50万程度でしたが失業中の私には支払い能力がありません。
貯金もなく失業保険で生活している状態のため、
差し押さえられる給与もありません。

色々と検索したら時効にできるという記事も見ましたが、
どうするのがベストでしょうか?

時効を申し立てるなら法律事務所などへ行くべきでしょうか?
放置して裁判に出て和解がいいでしょうか?

専門知識もないのでどうすべきかわかりません。

アドバイスお願いします。

閲覧数:
284
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2014/10/1511:19:49

督促(催告)による時効中断は、6か月の一度きりですので勘違いの内容に。
その点だけ。

(催告)
第百五十三条 催告は、六箇月以内に、裁判上の請求、支払督促の申立て、和解の申立て、民事調停法 若しくは家事事件手続法 による調停の申立て、破産手続参加、再生手続参加、更生手続参加、差押え、仮差押え又は仮処分をしなければ、時効の中断の効力を生じない。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

new********さん

2014/10/1510:59:53

実質的に言えば、時効を目当てに出来るとは思えません、

催促が、滞納した時点から来ていたのなら、時効は催促通知が届いた

時点で、伸びますから時効を目論んでの申請とかは無理でしょうね。

一番の解決策は、出向いて話し合いをする方が、色々と面倒も無く、

後生を考えれば一番かと思います。

その際には、事前に弁護士に相談をした方が、良いと考えます。

現状を考えれば、放置したり時効を目論んで、後生に何かしこりを残せば、

残し分後で泣きを見るのは自分ですよ。

nai********さん

2014/10/1509:24:27

他の方も書いておりますが、
借りた物は返す、これ「常識」。
どんな言い訳をしようとも、自己責任はあります。

ま時効を使うも良いし、返済するもよし。
あなたの人間性の問題です。

ただ、今後7年間はローンとか組めなくなるし、新規にカードも作れなくなる可能性は大。

将来の結婚にも響く事でしょう。

sup********さん

2014/10/1509:00:33

社会的に一番よろしいのはきちんと返済することです。
借りたものは返す、というのは子供でも分かる理屈ですから。
ただ、法的には消滅時効の援用ができるかもしれません。
これは、消滅時効を援用する旨を債権者に通知するだけで足りますから、弁護士等に依頼せず、ご自身でなさっても構いません。
電話でも普通郵便でも構わないですが、通知した証拠を残したい場合には内容証明郵便を利用されたらよろしいかと思います。
質問者さまの道義的観念、経済状況等、考慮の上で何がベストかお決めください。

te_********さん

2014/10/1504:04:21

放置して、裁判になったら時効を援用する


もちろん予め、援用してもいいけど

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2014/10/1503:40:34

最後の借り入れか返済日の翌日から5年以上放置していた場合で、尚かつ裁判沙汰にでもされて債務名義を取られてないよと言う場合なら、時効が到来していると考えられる事から、内容証明郵便等で時効の援用をするべく文書を送り付けておけば足ります。

Yahoo!知恵袋 特別企画

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる