ここから本文です

日本の農産物こそ世界一の農薬、除草剤と化学肥料浸けのやばいものですか? ・...

bqr********さん

2014/10/1619:04:43

日本の農産物こそ世界一の農薬、除草剤と化学肥料浸けのやばいものですか?

・農薬メーカーと農家の手間をなくすニーズの一致で生まれた見た目きれいな農作物の有毒性が問題にならないですか?

農薬は害虫をいちいち手で駆除する手間をなくし、除草剤は草取りという重労働から農家の人たちを解放してくれました。ただ、農家はその恩恵にどっぷり浸かってしまい、もはや農薬や除草剤なくしては生産できないと思うまでになってしまったのです。

病気の発生を抑えるために畑の土は消毒されます。そのときに使う農薬は、防毒マスクをしなくてはならないくらい刺激が強いのです。

そして、多くの田んぼからカエルやドジョウがいなく、畑は収穫したい農作物だけが整然と並ぶ場所になりました。こうしてできたおコメや野菜、果物を日本人は毎日食べているのです。(引用)http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=272525&g=131101

補足完全無農薬は無理な話ですが、それで気軽いに除草剤を使い、農薬漬け・化学肥料漬けしてもいいという理由にはなれません。重要なのは安易に除草剤を使わず、農薬に頼りすぎないことではないでしょうか?

もしかして農家は商用の農地でなるべく手間を少なくして、少しでも収穫を増やそうと除草剤、農薬や化学物質を使っていますが、自分の家族で食べる分は別に作っているでしょうか?

閲覧数:
992
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fhg********さん

2014/10/2117:22:40

農業やってます品目はトマトです
直売所にも出しますし
市場出荷もします
うちは農協には出さないので個人で市場に出します
Aランクの良い物でも
虫さされがあればとたんにCランク扱いです
市場では1200円が400円になります
直売所では同じ価格で750g入を1200gで訳あり品になります
100kg収穫してきれいなら3万円の売り上げですが
Cランクですと1万円です
ちなみに栽培出荷経費が100kgで7500円かかります
なので良い品なら22500円の儲け C品なら2500円
結果的にはほぼ10分の1の利益です
これではどう逆立ちしても食っていけないです。
うちはトマトを6000本植えます
これを虫がいないか手作業でチェックしてますと1本30秒はかかります
時間にして3000分 50時間ですね
しかも虫は卵で見つけるのは困難です
虫になるとすぐトマトに穴をあけて食うか潜ります
なので毎週チェックが必要になります
毎日6.5時間は虫チェックしないとダメだし
それでも虫に食われるでしょうね
しかも自分でやってる時間があるはずもないから
当然人を雇いますね時給900円で週50時間
45000円の人件費 月当たりなら18万
定植から収穫期約5ヶ月間まぁ虫取りだけで80万はかかるでしょうね
自分でやる時間はないのかって?
収穫時期になると1日に18時間は働きます
寝る時間なんか3時間がいいところですから
現実はこんな感じです。
気軽に除草剤を使いと言いますが意外と使ってないもんですよ
農薬じゃんじゃんふるって?
農薬高いんですよ
うちで1度の消毒で約15000円かかります
出来ればまく回数は減らしたいのが本音
病気も虫も発生する前にまくのが一番量が少なくてすみます
なので予防的に使うのがベストなんですよ。

あと化学肥料について誤解されているようですが
あれは岩石とかから加工したりして作ってますよ
べつに化学薬品を調合してるわけじゃないです
ただ他の微量要素などが不足したり土が肥料や水分を保持できなくなるから
堆肥などをいれるわけです
肥料の代表的な窒素分について言うと
アンモニア帯窒素が土壌菌によって硝酸帯窒素に分解されて
植物の栄養になるこれは有機でも化学肥料でも同じです
なので化学肥料が体に悪いのは大間違え。
硝酸帯窒素は発がん性が強いので
有機にしても化学にしてもやりすぎは良く無い
まぁそういうことを理解してお考えになられると良いですよ

うちの地域でも木村式で作物を栽培されてる方がいますが
ほとんど極貧ですたぶん税金免除です
予定収量を上げるなんてなかなか出来ませんし
出来てないようですよ。
木村さんは1反あたりどれくらい収穫してるのでしょうね
どこにも明らかにはされていないようですがどこかに出ていたら教えてください

うちも無農薬でもトマトとれますが
たぶん収量が少なく大きな家庭菜園みたいになると思います
まぁ消費者が倍以上で買ってくれたら無農薬も考えてみなくもないですが。

  • 質問者

    bqr********さん

    2014/10/2119:09:34

    農家さんのご苦労がよくわかりました。

    農産物へのAランクCランク扱い基準はひどいですね。昔ながらの自由市場をなくして、なんでも規定、規則、基準で決められるのが農家を苦しめる大きな要因だと思います。

    米も100粒の中に一つの不良粒があったら、価値のないランクに扱いという異常な基準設定は農薬使用を奨励することになりますので、消費者の要求というよりも農薬メーカーの影が濃いかもと思われます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2014/10/22 15:43:46

ほかの答え者にもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pot********さん

2014/10/2010:12:47

わっはっっは!!!

農薬なんて チョロい

あなたは 水道水飲まず 水道水の風呂に入らず まな板やふきんの殺菌もせず
服も 洗剤で洗わず たばこも吸わず 家庭用殺虫剤も使わず 缶スプレーも使わず 加工食品も食べず なのでしょうか


塩素が 一番癌化確率が高いですよ 塩素殺菌は DNA破壊ですから
カルキ臭=塩素

ニコチンは 体内分解不可能
木咋酢 ニコチンやタールの混合物で 詳細不明な排気ガスの水蒸気混和物

農薬は分解性があり 分解後でないと出荷できないが 家庭用殺虫剤 直接吸い込んでますよね 成分は似たり寄ったり

残留農薬 気にするより それ以上に直接摂取してる物の方が 影響大きいんですけどねぇ・・・

馬鹿なマスコミに振り回されすぎですよ

hog********さん

2014/10/1903:42:49

静岡のみかん農家です。

質問者さんのような意識や疑問を持つ方が増えてくれるとうれしいですね。
そうすれば、農家や流通関係者もニーズに応えるためにそれに応じたものを作ります。
農家も小売店も、道義に反しない限り一番売れて一番稼げるものを作って売ります。
商売ですから。
市場は流通を仲介して手数料を取っているだけです。

ご質問からは、化学農薬や化学肥料に対して否定的な姿勢が見て取れます。
是非、色々な視点で偏りのない正しい知識を増やしてください。
そして、声を発してください。
店頭で無農薬が売れれば、お店はそれを仕入れますし、引き合いが増えて価格が上がれば、農家はそれを作ります。

日本に限らず、現在の農業が化学農薬・化学肥料に大きく依存しているのは事実です。
これら無しでは、コストも何倍もかかりますし、そもそも食料を賄いきれません。
ですが、非常に有益で即効性があるが故に、研究・開発がそちらに偏重しすぎているのも事実だと思います。
化学農薬・化学肥料に頼らずにコスト・品質・収量を伸ばしていく研究開発に十分に資金が回っているかといえば、とてもそうは思えません。


まだ他の方の回答に無い部分で、質問者さんが誤解されている箇所を補足します。

農薬使用時に一般に使用するのは、防塵マスクです。
土壌消毒剤などで一部に防毒マスクが必要な物もありますが、現在ではごく限られたものだけです。
また、急性毒性と残効性も別に考えないといけません。
輸入農産物の中には、防疫の為に青酸カリや臭化メチルでガス燻蒸されて入ってくる物もあります。
青酸カリなどはご存知の通り猛毒ですが、残効が無いから使われてます。
日本にいない筈の害虫が海外から農産物にひっついて入ってきたら困りますからね。

刺激の強さと毒性の強さは、本来別物です。
無味無臭な猛毒もあるし、トウガラシやワサビのように食べられるけど刺激が強い物もあります。
農薬に限らず化学薬品などには、誤飲等の事故防止に刺激や味が付けてあるものも多くあります。


ここからは蛇足です。
例えば世界的に大量に使用されているラウンドアップという除草剤はご存知でしょう。
植物の特定の代謝を阻害する植調剤、いわゆる植物ホルモンの類です。
非常に乱暴ですが、人が使う薬に例えれば、糖尿病の人が使うインシュリンの様なものです。
正常な人にインシュリンを投与したら低血糖でぶっ倒れますよね。場合によっては死にます。
有効成分自体の動物への有毒性は低くて、同じ量を飲んだら醤油の方が危険です。
もっとも、界面活性剤とか展着剤も入ってますから、農薬としては「グリホサート」という成分だけの話をしても不十分です。
土壌にまかれた後は土に吸着されて、時間を掛けて微生物の餌になって代謝されます。
と、ここまでがメーカーの説明です。

化学的には実験もしてますし、人体への毒性は低いハズなんですが、ごく最近人工的に作られた化学物質です。
大量にばら撒けば環境に色々な影響が出ますし、そもそも長い生物の歴史の中でごくごく最近出て来た物です。
色々なリスクは当然あるのを知っておくべきだと思います。
逆に、フグ毒のテトロドキシンだとか、トリカブトのアコチニンなんかは猛毒ですが、自然界で長い時間かけて代謝して無害なものにできる仕組みが出来上がっています。
細菌だとかバクテリアの中には天邪鬼な奴がいるんですね。
敢えて毒を食ってやろうという。
ま、人間も似たようなもんですが。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ken********さん

2014/10/1820:15:02

>農薬は害虫をいちいち手で駆除する手間をなくし、除草剤は草取りという重労働から農家の人たちを解放してくれました。ただ、農家はその恩恵にどっぷり浸かってしまい、もはや農薬や除草剤なくしては生産できないと思うまでになってしまったのです。
これって、生産者の問題じゃなくて。
消費者の問題でしょう!
なんでも関係なく買ってくれるのなら、見た目の良い野菜作る必要なくなりますからね。
恩恵にどっぷり?
どんだけ、農業従事者がへってるか。
中国から、研修生を雇ってまで生産してる現状です。
あなたは、消費者「有機野菜」側から見た一歩的な意見でしょう。
>多くの田んぼからカエルやドジョウがいなく
これね!
農薬より、田んぼの区画整理の方が圧倒的に原因です。
子供の時に、田んぼの用水路「セメントじゃない」ナマズやザリガニ。
鯉なんかもいました。
しかし、区画整理でほぼ全滅。
まったく、いなくなりましたよ!
全てに置いて、人間の存在自体が自然には害なんです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

shf********さん

2014/10/1716:27:00

一般人と専門家の見識の違いを表したグラフがあります。
http://goo.gl/5oG8ye
残留農薬の基準は「人が一生にわたって毎日食べ続けても影響が無い量」です。
農家の方は農薬散布の際、高濃度の農薬を浴びていますが、職業別寿命では比較的長寿命です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

h_i********さん

2014/10/1711:29:27

まず質問者にお聞きしたいのですがこのご質問はご自身が最低でも数反の田畑をやってのうえでのご質問なのでしょうか?
それとスーパーに並ぶ野菜が虫食いがあって当たり前のように虫がついていても買いますか?

確かに日本の農薬使用量は全体で見れば多いでしょう。他の回答者も書かれていますが外国と日本では栽培している野菜が違います。小麦やじゃがいもを主食にしている国ではそれらがメインに栽培され、殆ど農薬が必要ないものです。それに比べて日本では葉物野菜が中心で田圃は米でどちらも害虫被害や病気の出やすいモノです。昔は米に農薬を使っていませんでしたがだから飢饉が頻繁に起こったのです。それに日本の気候は害虫が発生しやすい害虫にとっては好条件です。

それと人間に例えれば病気になった時、抗生物質の小さい粒を飲むのと市販のような薬を飲むのと同じように病気が治ったとしても「量」で考えれば全然違いますね。

質問者の言われる「薬漬け」の日本とそうじゃない諸外国と比較すると日本は世界でトップクラスの長寿国です。

引用されてるなかに出てくるK氏の言ってることはあくまでも商売です。勿論10年かけてあの農法を編み出したことには敬意ははらいますが。栽培しているリンゴは他より高い値段で即完売して講演料も印税も入って稼いでます。

「薬漬け」の日本の田圃からカエルやメダカは消えていません。たくさんいますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる