ここから本文です

古典の撥音便で、

chi********さん

2014/10/2517:55:31

古典の撥音便で、

断定の助動詞の連体形「なる」
+現在推量の助動詞「らむ」

の、「なるらむ」が「ならむ」と
読まれることってありますか?

どんなときに撥音便で読むのかが分かりません

閲覧数:
722
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mel********さん

2014/10/2701:51:44

カテゴリーマスターの方の回答が正しいと思います。加えていうならば、当時は同音衝突を避ける傾向があったため、別の意味になりうるものは、撥音便にはならないのです。
同音衝突とは、たとえば「すい」という撥音があって、「酸い」なのか「吸い」なのか区別できなくなる現象のことです。「なるらむ」が「ならむ」になってしまうと、意味が判別できなくなってしまうので、同音衝突を避けるうえで、「ならむ」にはならないのです。

質問した人からのコメント

2014/10/31 21:01:52

そうなんですか!
初めて知りました!

ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lie********さん

2014/10/2617:08:13

「ならむ」は「なり」+「む」か「なる」(成るや鳴るや生る)+「む」です
「なるらむ」が「ならむ」と成る例は上代から中古の文章ではないでしょう
江戸時代や現代で書いた人の文法知識が不十分な場合はあるかもしれません

音便で省略される母音はiだけでuが省略されることはありえない
学校の文法で教える「あんめり」が「あるめり」からというのは既に学会で否定された説です

プロフィール画像

カテゴリマスター

2014/10/2522:09:23

まず撥音便するケースはないだろうね。
撥音便するってのは、「なんらむ」と発音するってことだよ。
そんな言い回しは聞いたことがない。

断定+現在推量で「なるらむ」が「音便」というより、
たんに「つづまって」、
「ならむ」となった例は、「発音上」は、あったかもしれない。
でも、「ならむ」と「表記」された時点で、
「なら」=断定「なり」未
「む」=推量等
と品詞分解、文法解釈されるのが当然だろう。

断定「なり」の連体形「なる」が撥音便を起こし、
さらに「ん」に無表記が起こるのは、
「めり」「なり」「らし」など、「推定」形の助動詞に接続する場合だよ。
「なめり」「ななり」「ならし」ね。

「子になり給ふ人なめり」
「さては扇のにはあらで、くらげのななり」
「昔の人の心をも表し、行きて見ぬ境のほかの事をも知るは、ただこの道ならし」

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる