ここから本文です

起業後の社会保険料について 近々会社を定年退職しますので、退職後は起業した...

nob********さん

2014/10/3120:08:44

起業後の社会保険料について

近々会社を定年退職しますので、退職後は起業したいと考えています。
初年度は殆ど収益が出ないと思いますので、自分への役員報酬は社会保険料が最低となる金額に設定します。

そうすると、初年度はおよそ60万円の最低限の経費がかかる計算になります。
(業務にかかる経費を除く。起業にかかる経費25万円程度以外に法人住民税が最低7万円、社会保険料は厚生年金、健康保険合わせて最低金額の2.4万円×12か月)


私の場合は企業しないとすると健康保険は任意継続保険加入で退職後の1年間は月5万円くらいかかる計算になります。


こうして考えると退職後に起業した方が例え収益が見込まれないとしても、厚生年金に加入でき将来の年金額が増えることを考えると、絶対に得と思いますが、何か考え違いをしていることはないでしょうか。

もしもこの計算が正しければ、退職前に一定程度の収入があった人は、すべからくペーパーカンパニーを作った方が社会保険料という点では特になることになりますが、果たしてそうなのでしょうか。

もちろん、会社設立経費に他に○×がかかるとか、収益が出ないだけでなく赤字になる可能性もある、翌年度以降は個人で国保に入った方が得というのは織り込み済みとします。

閲覧数:
330
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

2014/11/103:44:29

概略合っていると思います。

さらに言えば、健康保険についても、国民健康保険ではなく「協会けんぽ」になるので、その点でも、負担軽減になりますね。

http://sr-sakura-roumu.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-3dfd.htm...

質問した人からのコメント

2014/11/1 09:34:58

降参 ありがとうございました。HPも大変参考になりました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる