ここから本文です

ドラマ『Nのために』は、なぜ香川県の設定なのですか? 希美は原作で愛媛出身だっ...

jap********さん

2014/11/107:08:55

ドラマ『Nのために』は、なぜ香川県の設定なのですか?
希美は原作で愛媛出身だったような気がしますし、方言は愛媛のような気がするのですが。
愛媛と香川の方言は似てるのでしょうか?

ぜ愛媛を香川にする必要があったのでしょうか?

閲覧数:
6,469
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ken********さん

2014/11/211:59:32

原作を読んでいないので的外れなことを書くかもしれませんが……。

愛媛県の大三島や広島県の因島でもロケをしているようですが、第2話の「島からフェリーで本土の大きな町へ行ける」という条件で考えると、港から市中心部までバスに乗る必要がある松山市が外れるし、今治市はともかく尾道市では違和感があります。

また、東京からのアクセスは高松空港に加えて新幹線岡山駅や岡山空港が使える高松市と小豆島のほうが格段に多様です。大三島や因島なら新幹線尾道駅や広島空港が使えますが、松山市内ロケには適しません。加えて日本一狭い県土にロケに使えるスポットがたくさんあるので、撮影中の移動も短時間で済みます。この理由は「Nのために」を含むすべてのロケに共通することですが、これを売りに香川フィルムコミッションや小豆島観光協会などが積極的にロケを誘致しているという裏事情も無視できません。過去の実績もあり、情報を蓄積整理したうえで機材その他ロケに必要なものを現地調達できるからこそできる「誘致」ですが、香川県はそれらの諸条件が揃っているうえに、行政や関係者、ボランティアの一般県民まで積極的に協力する体制が整っていると思います。参考までに、昨年5月のマイナビニュース「なぜ映画やTVなどは、こぞって香川県でロケを行っているのか?」という記事を貼っておきます。
http://news.mynavi.jp/news/2013/05/01/058/

なお、香川フィルムコミッション公式サイトにはボランティア・エキストラ登録フォームがありますが、えひめフィルムコミッション公式サイトにはありません。尾道フィルムコミッション公式サイトはエキストラ登録申請書がダウンロードできるようです。

ちなみに、「Nのために」で使われた棚田は映画「八日目の蝉」の棚田と同じ中山千枚田ですが、有名になったことで島外から注目され、過疎で絶えていたお祭りが復活したり、「棚田オーナー制度」の名の下に農作業ボランティアが集まるようになりました。

>方言は愛媛のような気がするのですが。愛媛と香川の方言は似てるのでしょうか?
香川県民の私には、「讃岐弁っぽく聞こえ部分もあるが、讃岐弁ではない」という印象です。かといって愛媛県の方言でもなく、「なんとなくそれっぽい」言葉に聞こえます。方言の要素を極力削って「それっぽく」話すと、香川県と愛媛県の差が目立たなくなるのかもしれません。

質問した人からのコメント

2014/11/2 18:16:36

降参 長文ありがとうございます。なるほどと思うことばかりでした。香川フィルムコミッションなるものがあるのですね。香川は頑張ってますね。愛媛は東京ラブストーリーや坂の上の雲のロケ地ですが、それを上手く活かさず、未だに坊っちゃんばかりで困ってます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる