ここから本文です

『ステロイド内服について』 手や足に発疹が強く出て、皮もどんどん剥けていき、...

kkk********さん

2014/11/1021:13:08

『ステロイド内服について』
手や足に発疹が強く出て、皮もどんどん剥けていき、ステロイド内服(リンデロン)をするようになりました。
もう4ヶ月ですが、減量するとまた酷くなり、増量を繰り

返しています…
ステロイドは長期間使うとよくない、と色んなところで読み心配になっています。
総合病院に通っていて、担当の医師はもう少し落ち着くまでこのままの量でいきたい、といった様子です。
塗り薬も最初は弱いものからリンデロン、段々効かなくなりデルモベートを使っています。
今は医師を信じるしかない、と思いながら、このままずっとステロイドを使っていくことへの不安があります。
地元の病院、皮膚科では有名な病院、色々回って診れない、と総合病院に紹介状でしたが、また病院を替えたほうがいいのか、とも思っています。
ステロイドをこのくらいの期間使っていた、脱ステロイドできた!等どんな回答でも構いませんのでお話聞かせていただけると嬉しいです。
また、ステロイド内服ではリンデロンよりプレドニンやプレドニゾロンという薬をよく耳にするのですが、皮膚疾患にはリンデロンのほうがいいのでしょうか?
教えてください。お願い致します。

閲覧数:
1,243
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nsu********さん

2014/11/1023:53:05

リンデロンは1日何錠飲んでいますか?
1日1錠(0.5mg)なら生涯でもまぁOKだし1日2錠でも1年位なら離脱も難しくないと思います。

皮膚疾患にはリンデロンの方が、、、と言う事はありません。
本当は同じ効果を出す量だと副腎のダメージはリンデロンの方が強いので、内服薬としてはプレドニンの方が身体に優しいとされています。

でもプレドニンはムーンフェイスや食欲亢進(≒肥満)と言った見た目にかかわる副作用が出やすく、そのため悪名が高くなってしまっています。
皮膚科は内科系より外見に気を使うし、長期・大量と言う使い方は多くないのでリンデロンを選ぶ事が多い様です。 飲み方も割とルーズが許されるし。

ステロイド内服薬の長期・大量の目安はプレドニン換算で総量1万mgに近づきそうなレベルでお考え下さい。 リンデロンだとその1/10 つまり1000mgに達しそうかどうか・・
この位から不可逆的な副作用の心配が大きくなり始めます。

軟膏についてはココで診察できる訳も無く、何とも言えません。


ちなみに私は内科でプレドニン総量14000mg位使いましたが、重い副作用は今の所残らなかった様です。
顔はパンパンだったけど。

総合病院で経過が今イチだと大学病院位しか選択肢は残らないと思います。
紹介してもらって大学病院は良いかもしれませんね。 今の状態で勝手なハシゴだけはしないで下さいね。

お大事に。。。

  • 質問者

    kkk********さん

    2014/11/1518:50:12

    回答ありがとうございます。
    リンデロン、は朝1錠 昼1錠 夜2錠で
    飲んでいました。
    それを朝昼晩1錠にした時はそんなに変わりがなかったのですが、朝晩にしてから一気に発疹や皮膚の状態が悪くなり、それからは朝昼晩1錠ずつがずっと続いています。
    皮膚科でこんなにステロイド内服の処方があるのかな、と心配になっていました。
    プレドニンの副作用のことも丁寧に教えていただきありがとうございます。
    綜合病院で大学病院のほうに…と伝えていいものかな、と考えていました。
    でも自分での勝手な判断はよくないですよね…
    14000のプレドニンを使っていたけれど、重い副作用がいまのところ出ていないというお話は本当に励みになります。ありがとうございます。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kur********さん

2014/11/1510:41:57

まずステロイドですが、内服薬と外用薬は全く違います。吸収量が違うため、内服薬のような副作用は、外用薬にはありません。

アトピーでは内服薬は使わないので、巷のアトピーでのステロイド・バッシングは全く的外れなのですが、内服薬を使われているということはアトピーではないのでしょうか。

アトピーで内服薬を使われているなら、病院を替えた方がいいかもしれません。

NHKの特集をまとめた『あきらめない! アレルギー治療―食物アレルギー・花粉症・アトピー性皮膚炎』という本がよくまとまっているので、参考にしてください。

あと筋肉が緊張していたり、骨格が歪んでいると、体に負担がかかって症状が出やすくなるので、そのあたりも気をつけてみてください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる