ここから本文です

アルコールの溶解性について メタノールやエタノールは水に溶けやすいそうですが...

aoc********さん

2014/11/1611:03:49

アルコールの溶解性について
メタノールやエタノールは水に溶けやすいそうですが、それはヒドロキシ基があるからですよね。
しかしヒドロキシ基はヒドロキシ基同士で水素結合するので、強く結

合して水に溶けにくくなるような気がするのですが、どうなんでしょうか?

補足ヒドロキシ基同士というのは
メタノール同士、エステル同士という意味です。

閲覧数:
6,285
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ons********さん

2014/11/1612:50:10

ヒドロキシ基は水と同じような構造を持っているので、水分子と溶媒和することで水に溶解するということです(これが親水性です)
ま、ヒドロキシ基同士より水と水素結合しやすいということ

なお、メタノールやエタノールのような疎水性のアルキル基の小さなものは水に溶けやすいですが
オクタノールほどにアルキル基が大きくなると水にほとんど溶けません

また、セルロースなどは分子同士の結合に多くの水素結合があるので結合力が強くなって水に溶けない

質問した人からのコメント

2014/11/16 13:34:43

降参 ありがとうございました!
よくわかりました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる