ここから本文です

敷居や畳のへりを踏んではいけないのは何故ですか。 恥ずかしながら私は日本人で...

cam********さん

2014/11/1808:47:27

敷居や畳のへりを踏んではいけないのは何故ですか。
恥ずかしながら私は日本人です。
できればこの質問に最もふさわしいカテゴリーも教えてください。

閲覧数:
13,474
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

his********さん

2014/11/1810:33:17

マナー、作法というのには全て意味、目的、理由、歴史といった背景があります。

作法として語られる内容には全て「生活に密着した」狙いがあります。

例えば「布団を踏むな」「座布団を踏むな」という話。
このような戒めを語る場合、「布団にはその家の先祖が宿り…」というような説明をしてタブー視するようなことがありますが、こういうのはいわば方便。
そのような「宗教的な理由」ではなく、もっと現実的な理由があります。ただ「ご先祖様が…」と厳しく戒めておけば、より守るであろうということが期待出来ます。

寝具は寝るもの、座布団は座るもの。中に入っている綿は重みをかけるとつぶれてしまいます。
寝る、座るという使い方なら体重は分散されますが、踏む=立って乗ると一点に体重が集中し綿の劣化が早まります。これは「布団を長持ちさせるための知恵」です。

「畳の縁を踏むな」
よく言われるのは「昔の畳のヘリにはその家の家紋を入れる慣習も見られ、その場所を来客が踏むのは、訪問宅を侮辱するに等しい行為だ」という話。これが方便です。
確かにオオーダーメードの畳なら家紋を入れることもありましたがそれは本来の理由ではありません。
こちらももっと日常的です。
畳の縁というのは小さな段差になっています。今でこそ基礎や畳の性能も良くなりましたが、かつては畳の反りは縁の部分に発生するものでした。そこに足を引っかけると転倒したり滑ったりする恐れがあります。思わぬ事故を防ぐために日頃から踏まないように心がけるということです。

「敷居を踏むな」
柱が家屋を垂直面で支える構造物であるのと同様に、敷居というのは水平面で支える構造物です。
ここを踏むと「家が歪む」という物理的な不具合があったために戒めた訳です。
もちろん「敷居は段差になっているので躓きやすい」という意味においては畳と同じ要素もあります。

作法というのは全て意味がある訳ですから「畳の縁には家紋が…」などという縁起だけを云々して形だけ受け継いでもなんにもなりません。

しかし「綿が傷む」「転倒する」「家が傷みやすくなる」という部分については現代社会においても生きています。

形だけではなく意味とセットにして語り継いで行きたいです。

質問した人からのコメント

2014/11/20 17:16:55

詳しい回答ありがとう御座居ます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

swk********さん

2014/11/1810:39:47

ちょうど、先日、子供向けの教室で茶道の先生がこうおっしゃっておられました。
「私たちは、敷居や畳のへりは父親の目と教えられました。だから、踏んではいけないと」。私は「その家の人(主)の顔を踏むのと同じ」と教わりました。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ici********さん

2014/11/1809:18:56

敷居に関しては他の回答者に譲ります。
畳のヘリを踏むとなぜ不謹慎なことなのかについては
マナーの専門家のご意見がありますので
お示しいたします。
昔の畳のヘリにはその家の家紋を入れる慣習も見られ、
その場所を来客が踏むのは、訪問宅を侮辱するに
等しい行為だ、とみなされたそうです。
従って、その名残が現代にも伝えられた、と察します。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる