「公序良俗に反する行為」とはどんなことを指すのですか?教えて下さい!

「公序良俗に反する行為」とはどんなことを指すのですか?教えて下さい!

法律相談228,191閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

6人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

16

民法90条では、公序良俗に反する契約は、無効であると規定しています。 民法では、何が公序良俗に反する行為かは具体的に示していません 一般には、「社会的妥当性」のないもの或は「社会的相当性」のないものと解釈されています。 たとえば、法律の違反行為、法律の明文に違反していなくとも、その行為が社会的妥当性をもたないもの、一般常識から判断して好ましくない商品やサービスの販売などが該当します。 大分類では以下の3つが例示されています。 (1)財産的秩序に反する行為 ・取引の仕組み自体の有する射倖性のあるもの ・破綻の必然性や詐欺性等から反社会性の強い行為(ネズミ講など) ・相手の窮迫、軽率、無思慮、無経験等に乗じて不当な利益を得る行為 ・無知、未経験で適格性を欠く者に著しく不公正な方法で危険性の高い取引を勧誘する (2)倫理的秩序に反する行為 ・ 不法な薬物取引契約 ・売春を前提とした契約 ・妾契約 ・正義に反する行為(たとえば、悪事をしないことを条件として金を与える行為) (3)自由や人権を害する行為 ・基本的人権の侵害に当たる行為 ・差別的表現のネットワーク上での公開(基本的人権の侵害の1種) ・ 誹謗中傷を行うこと(名誉毀損) ・プライバシーの侵害(個人情報保護違反) ・ 利用資格のないコンピュータや通信機器への侵入(不正アクセス) ・ 知的財産権の侵害 ・ わいせつなデータの公開 ・ 利用権限の不正使用 ・ストーカ行為及び嫌がらせ行為をすること ・男女を差別する雇用契約 下記には「卒業論文を代わりに書いてくれたら10万やる」例が示されています。 「倫理的秩序に反する行為」の例でしょう。 http://www.hou-nattoku.com/consult/386.php 公序良俗違反に関して争いがある場合は、実際の状況に応じて、裁判所が無効か否かを判断します。 関連質問 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q109512365

16人がナイス!しています

その他の回答(1件)

5

「公序良俗(公の秩序又は善良の風俗)」とは、「人間の健全な社会的共同生活を維持するために守られなければならない一般的規範」であるとされ、ある行為が公序良俗に反するかどうかは、最終的には裁判所(最高裁判所)の判断に委ねられます。 ものの本によれば、 (1)人倫に反する行為 ・①性的不倫関係(妾契約) ・②情義に反する行為(子が父と別居するに当たり、母と同居しない事、その違約金を定める契約) (2)正義観念に反する行為(殺人依頼契約) (3)自由・平等に反する行為(他の男と一生結婚しないとする契約) ・①芸娼妓契約(売春契約) ・②経済活動の自由・財産処分の自由の制限(贈与した物の処分を絶対に禁じる契約) ・③差別行為(女性の定年を男性より若年とする就業規則) ・④労働者の基本権の侵害(新労組結成者を解雇するユニオンシップ協定) (4)暴利行為・不公正な取引行為(出資法に違反する貸金契約) (5)著しく射倖性の強い行為(馬券のノミ行為) などに分類されるとされます。 なお、動機が反社会性を持つ場合も、該当するとされます。 (賭博場にするための家屋の賃貸借契約)

5人がナイス!しています