ここから本文です

生命保険見直しの為、今後の入院や、手術の費用について教えてください。 生命...

lq55kza492mさん

2014/12/1112:30:58

生命保険見直しの為、今後の入院や、手術の費用について教えてください。

生命保険見直しの為、自分で貯金をして備えるのか、保険に頼ったままの方がいいのか、考えています。

病気や、怪我の程度により、当然様々と思いますが、実際の入院や、手術費用は、いくらくらいかかるものなのでしょうか?

30代後半ゆえ、今まで入院など縁がなかったので、皆さんは実際どうされてるか、伺いたいです。

この質問は、40代の女性に回答をリクエストしました。

閲覧数:
133
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2014/12/1210:40:52

貯金がかなりあるのなら問題はないと思いますが
やはり30代になられたなら
ちゃんと保険に入っていた方が安心ですし
周りにも迷惑をかけないので
加入するべきだと思います

いろんな保険会社はありますが
最近では安くちゃんと3大疾病なのでにも対応してる保険もありますので
そういった保険に加入するといいと思います

手軽にできる究極の見直しってサイトおすすめです
無料なのでぜひ相談してみてください

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

takana6150さん

2014/12/1120:00:26

健康保険が適用される入院手術なら(一般所得者で)月10万円超える程度+個室代が目安
がんや健康保険適用外の治療をすれば青天井

30代女ですが妊娠時に入院をしました
大部屋でも月13万円を超える入院費用がかかりました
仕事も休んだので3割近い収入減
当時は子どもが居なかったので夫自炊or近居の夫実家助けで生活をしてもらう事ができました
子どもがいたら預け先の確保等で出費がかさみそうです

私自身2度目の入院で最初は夜間救急→翌日退院だったので治療費の心配は殆どありませんでした
長期になると入院費以外の出費も少なくないと考えましょう

参考までに私は最低額の終身医療と県民共済(子どもが独立するまで)に加入して少しですが貯蓄にまわしています

2014/12/1114:53:06

現在の仕組みをお調べください。高額療養費制度などを検索してみればある程度予想が出来ると思います。

そして将来の社会保障制度はどう変わっていくか、自分が老齢で病気やけがのリスクが高くなった時にどうなっているかお考えください。
それにより、保険で行くか貯金するか判断出来ると思います。

2014/12/1113:33:58

健康保険適用の入院や手術なら高額療養費制度を申請すれば、ひと月あたりの医療費の限度額が約8万円~10万円+食事代+差額ベット代ぐらい。

上位所得者(月収53万円以上)なら15万円~20万円ぐらい。

保険適用じゃなければ自由診療になり医療費は実費負担になるので、さっきの数字の3倍から10倍になる可能性も。

概ね緊急医療費として300万円~500万円ぐらいあって、4~5年療養生活で収入が無くなっても生活できるぐらいの蓄えがあれば、保険はいらないかもしれません。

2014/12/1113:31:24

入院費用や手術費用はその治療の内容によって違ってくるのでいくらかかるなんて誰にもわかりませんよ。
健康保険適用の治療をした場合としなかった場合でも違ってきます。
なので保険と貯蓄両方で備えるほうがベストだと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。