ここから本文です

統計などで「有意差はなかった」という表現がありますが、これは言い換えれば「大...

rw_********さん

2014/12/1422:43:27

統計などで「有意差はなかった」という表現がありますが、これは言い換えれば「大きな差はなかった」ということですか?

閲覧数:
99
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ris********さん

2014/12/1423:05:27

ちょっとちがいます。
言いかえると、「誤差の範囲内だった」ということです。

たとえばコインを3回投げて、表が3回、裏が1回出たとしても、
それだけで「裏より表が出やすいコインだ」とは言えません。普通にありえることだからです。
このとき、裏が出た回数と表が出た回数に有意差はない、
差があることに何の意味もない、ということになります。

質問した人からのコメント

2014/12/19 23:29:48

降参 お二人ともありがとうございます。
大変勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nas********さん

2014/12/1422:54:08

差そのものが大きいか、小さいかは判りません。
平均値の差は大きくても、ばらつきも大きければ有意差は無いと言うこともありますし、そもそもn数不足と言うこともあります。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる