ここから本文です

公認会計士試験の租税法(法人、所得、消費)と税理士試験の法人、所得、消費ではそ...

hid********さん

2014/12/1921:39:17

公認会計士試験の租税法(法人、所得、消費)と税理士試験の法人、所得、消費ではそれぞれ学習範囲はどの程度違うのでしょうか?

試験問題を見たところ、理論は全く異なっているようですので、計算の学習範囲に限っての質問です。(会計試験の学習で6割程度カバーできているなど具体的な数値を言っていただけると助かります。)
また、会計士試験の租税法(各科目)を8割程度取れる実力でも、税理士試験では、合格ラインには遠く及ばないのでしょうか?

閲覧数:
2,215
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kaj********さん

2014/12/2013:43:31

公認会計士試験を受けて、それ以前に税理士税法の講義を受けたことがありますが、おそらく計算については租税法の範囲でもそれなりには出来ると思います。

ただ、一点集中する人が多い税理士試験の税法は、租税法よりレベルの高い人が多く、特に消費税などは合格するには計算で満点を取るのが前提の試験となる場合があるので租税法より正確さが必要です。

加えて、理論については会計士の方は会計処理を聞かれるだけなのであまり専用の対策は少ないのに対し、税理士は理論専用のテキストを、お題1つから数ページ分の中身を書き出せるくらい覚えなければならないので、かなり範囲が広いです。

そのため、租税法で科目1位を取れるレベルの人でも、税理士試験を受けたら理論で躓くと思います。

質問した人からのコメント

2014/12/21 13:10:54

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nao********さん

2014/12/2012:54:30

公認会計士です。

これって、税理士と会計士の両方受けた人しかわからないと思いますが・・・
そしてわかったところで何か意味があるとも思えません。
質問の趣旨はなんなんですかね?税理士試験に転向したいってことですか?

>それぞれ学習範囲はどの程度違うのでしょうか?
⇒私と同時期に税理士勉強していた友達と、一度話したことがあります。
租税法のテキストを見せましたが、法人税部分はほぼ同じ。
所得は消費は簡単なとこしかやっていないみたいです。
9割、5割、5割といった感覚ですかね。

>会計士試験の租税法(各科目)を8割程度取れる実力でも、税理士試験では、合格ラインには遠く及ばないのでしょうか?
⇒意味が分かりません。
会計士で勉強したところが出れば受かると思いますし、
そうでなければ落ちるでしょう。

下の方も言ってますが、そもそも別試験なので、
たらればを考える意味が分かりません。

>6割~8割程度は理解できました
⇒当たり前でしょ。
なんで会計士は登録次第で税理士にもなれるってなってるか考えてください。
税務の基礎部分は理解しているからでしょ・・・
理解しているのと、試験に合格するのは別次元っていうのが、
会計士の勉強しててわからないんですか?

全体的に、無駄なことしてる時間あれば勉強しましょうよって思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kiy********さん

2014/12/2007:18:24

違う試験と
思ったほうが。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる