ここから本文です

収容所に着いた女性がドイツ軍将校に、私達は殺されるのですか?と聞いたのに対し...

ara********さん

2014/12/2100:22:09

収容所に着いた女性がドイツ軍将校に、私達は殺されるのですか?と聞いたのに対して、ドイツ軍将校は、私は人間です、と答えたそうですが、それは、貴方方ユダヤ人は人間ではありません、という意味だったのですか?

閲覧数:
6,770
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rei********さん

2014/12/2119:58:02

アウシュビッツの収容所、ホロコースト、私も何故か興味をもち、それらの資料を何回かみたことがあります。
確かな情報でないかもしれませんが、
ドイツなどキリスト教を国の宗教としているところは、キリスト教の創始者、イエスキリストを処刑に追い込んだユダヤ民族を偏見の目?恨みの目?で見ている人もいたのではないかと思っています。現在はさほどでもないかもしれませんが、第一世界大戦で敗れたドイツは、借金を抱え困窮しました。国民の国に対する不満を当時のドイツ政府はユダヤ民族に向かわせたのではないかと思っています。
憎悪を無実なユダヤ民族に向かわせたのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yel********さん

2014/12/2114:20:28

私達は殺されるのですか?と聞かれて「はいそうです」とも答えられず、ドイツ軍将校は、「私は人間です。、、だからそういうことはしません。」と誤魔化したのだと思います。

ナチス政権下の強制収容所の門にはどこでもArbeit macht frei「働けば自由になる」と書かれていて強制労働に耐えて生き延びた囚人もいましたからね。

だけど生き残れた者は限られてて
カポと同郷の者、医師、医療技術者、電気工、機械工、シェフ、靴職人、同時通訳できる者、アーリア人に見える美人とかです。
大学教授や弁護士などは学歴コンプレックスのカポの餌食になりなぶり殺しにされて生き残れなかった。

プリモレビはミラノで捕まったのですが移送列車に乗せられるとき、SSが異様なまでに暴力振るうので
「これは、、殺されるな」と直感したそうです。
選別の時となりの青年に「自分は働けると答えるよ。君は?」と聞くととなりの青年は「もうどうでもよくなった」と答え二度とその姿を見なかったそうです。
プリモレビはドイツ語についていけたこと。イタリア人の民間労働者が化学コマンドーで働いててこっそり食事を分けてくれたために1年間アウシュビッツで生き延びれたのです。

私達は殺されるのですか?と聞かれて「はいそうです」とも答えられず、ドイツ軍将校は、「私は人間です。、、だからそうい...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

izu********さん

2014/12/2101:49:47

それなら、何も答えないだろ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる