ここから本文です

和田箐竺作の炭斗で価格が違いすぎるのは炭斗の出来がちがうのでしょうか。 また...

アバター

ID非公開さん

2014/12/2318:07:02

和田箐竺作の炭斗で価格が違いすぎるのは炭斗の出来がちがうのでしょうか。
また箐竺作ではなく工房作ということでしょうか。

閲覧数:
87
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kyo********さん

2014/12/2411:12:39

価格が違うというのは、工芸展などの出品作と一般の道具との価格の違いでしょうか?
その場合は、高価なものは、一点制作で出品用の手の込んだ作りですので当然数十万円以上のお値段となります。
家元のお好み道具の写しなどの場合は工房制作と言っていいと思います。ある程度数を作ることが出来、形や編み方も決まっているものですので、手間に合わせてそれぞれ値段を決めていると思われます。
同じ形のもので価格に違いがある場合は、仕入れと販売手数料の差が一番大きいと思います。他には、付属品の違い(箱、紐、他には花入れにも使える夏用の籠などの場合は受け筒の有無など)によってもかなり価格が変わってきます。もちろん高価格帯の品物の方が出来の良いものを選んであると思いますが、これは殆ど当たり外れの範囲だと思います。
ご参考まで

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2014/12/2417:32:03

    成る程、そうなんですか。
    店によって価格が違うので疑問に思いました。
    写しなど購入するなら安いものを購入しても同じということですね。
    ちょっと不安だったもので・・。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる