ここから本文です

フィギュアスケートではノービス→ジュニア→シニアという風に分けられていると思い...

love_two_child2さん

2007/12/2520:31:59

フィギュアスケートではノービス→ジュニア→シニアという風に分けられていると思いますが、それはどういう基準で分けられているのですか? 上のクラス(?)に行くには級だとか、何か条件があるのですか?
例えば浅田選手は14~5歳でジュニアからシニアの試合に出るようになったと思うんですが、武田奈也選手は今18、9歳だと思うんですがシニアデビューは浅田選手より遅かったと思うんです。年齢はあまり関係ないのでしょうか??
ご存知の方、教えて下さいm(__)m

閲覧数:
29,190
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2007/12/2521:07:02

●ノービスB:小学生3、4年(9-10才)で、シングル3級以上。
●ノービスA:小学生5、6年(11-12才)で、シングル4級以上
7月1日に達している年齢が9-10、11-12才ですから、7月以降の誕生日の人はそれぞれ小4、5年と小6ー中1になります。
ノービス年齢の国際大会もサンタクロース杯など一部で開催されていますが、正式な世界大会はありません。

●ジュニア:中学、高校生(13ー18才)で、シングル6級以上。ダンスではどちらかがプレシルバー以上を持っていればよい。ダンスやペアの男性パートナーのみは20才までOK。ジュニアではシニアと同様にGPシリーズや世界選手権もあります。

●シニア:15才以上でシングル7級以上。ダンスではどちらかがプレゴールド以上を持っていればよい。(ペアには級の参加制限はない。)特に断らない公式の選手権大会はシニアです。
高校生ではジュニアとシニアどちらにも出られる事になりますが、7級を取ってシニアの参加資格を得ていても、すぐシニアに上がるかどうかは本人の選択です。
両方を掛け持ちする事も可能ですが、フリーの滑走時間が違い、SPでもルールの違いでプログラムも構成を変える必要があるのと、試合が続く大変さもあって両方フルに出る(ブロック予選でジュニアとシニア両方にエントリーする)人はまずいません。

ブロックはジュニアで出て、全日本Jr.で上位になった人が推薦でシニアの全日本に出ることは良くあります。

質問した人からのコメント

2007/12/25 21:52:33

驚く こんなに詳しく説明してくださってありがたいです。こんな仕組みだったんですね!初めて知りました。驚きです。【全日本Jr.の上位に入った選手が推薦で全日本シニアに出ることは良くある】ということは‥浅田選手もそうなのでしょうか。あ。また質問になってしまいました(^_^;)

「ノービスとは」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。