ここから本文です

坂本竜馬は、極悪アメリカの南北戦争で余った武器弾薬を、幕府側と薩長側の両方に...

ロンリーフリーマンさん

2015/1/602:10:32

坂本竜馬は、極悪アメリカの南北戦争で余った武器弾薬を、幕府側と薩長側の両方に売り渡して戊辰戦争を行なわせただけの武器商人・死の商人だった。

フリーメイソンのメンバーだったという情報もあります。

という情報をどう思いますか。

フリーメイソン,坂本龍馬,武器弾薬,戊辰戦争,ロスチャイルド,武器商人,ユダヤ財閥

閲覧数:
861
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

riv********さん

2015/1/615:18:45

幕府側の武器はフランスからの援助。
龍馬がジャーディン・マセソン商会の日本代理店のグラバーから武器を仕入れて薩長に売ったのは事実でしょう。
トーマス・グラバーがフレーメイソンだったという話はありますが坂本龍馬までもがそうであったという話は眉唾ですね。

マセソン商会はロスチャイルドの子分だったことは間違いないようです。
当時のロスチャイルド(英国)が極東貿易で財を増やしたことは確実でしょう。
東インド会社の決済を行っていたのはロスチャイルド系の銀行(今のHSB)です。
日露戦争の時に日本に戦費を都合したのもジェイコブ・シフというユダヤ人ですし、ロシア革命にもユダヤ財閥の影がちらつきます。

メイソンとユダヤ財閥との関係がよくわかりません。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

leo********さん

2015/1/902:49:49

坂本竜馬は、生存時今言われているほどの人物ではなかった。商才があったため、武器商人になったが、グラバーほど外国人と直接取引ができる人物でもなかった。薩長同盟の立役者となっているが、薩長同盟を欲したのは薩摩で、長州に対する密使として、高杉晋作には水戸出身者を、桂小五郎に坂本竜馬を送った。高杉晋作はとりあわなかったが、桂は乗ってしまった。桂は高杉に相談したが、高杉はいつも「やってみなはれ」の態度で反対はしなかった。薩摩としても上層部だけの判断で密使を送ったことから、同盟に対して藩論がまとまっていなかったため、同盟に時間を要した。
坂本竜馬は後に四境戦争(第二次長州征伐)では、小倉口において高杉配下で海上物資輸送を請け負っている。
坂本竜馬の唯一の功績は山内容堂に対して「船中8策」を上奏し、幕府体制を崩壊させたことくらいか。これに対し、徳川慶喜は、自分が議会議長兼宰相、藩主を議員とする体制を考えていたが、鳥羽伏見の戦いで敗れ、会津藩とともに逆賊に指定されてしまった。

sab********さん

2015/1/720:44:04

よく言われますよねそれw
知識があまりないので「中身のないことを書くな」といわれそうですが、(そう思った方がおられましたらすいません)龍馬は日本のことを思うような発言を何度化しておりますので、行動が死の商人であっても、行動の理由は違ったのではないかなと思いますよ。
フリーメイソンのメンバーという話は正直よく分からないです。
ただ、フリーメイソンってそんなにやばい組織じゃないとかユーチューブかなんかで見たような……。
こういうこというと私もフリーメイソンのメンバーとか言われそうですねw

ion********さん

2015/1/602:26:44

自分で勝手に立てた説をどうだと聞かれても困りますよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる