ここから本文です

中国の唐の時代、大土地所有の発達のプロセスについて教えて下さい。

aiy********さん

2015/1/617:21:25

中国の唐の時代、大土地所有の発達のプロセスについて教えて下さい。

閲覧数:
404
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ste********さん

2015/1/1019:55:39

唐代は、もともと大土地所有が発達した時代でした。
ですから、発達のプロセスと言われましても
最初から大土地所有が発達しており、
それを皇帝権力によって掣肘するために
均田制等のシステムを整えたわけです。
もっとも、均田制は門閥貴族の大土地所有を
制限するには力不足でした。
結局、システムとしての均田制は崩壊し、
荘園制は公的に追認されていきます。
しかし、唐末になるにつれ、伝統的な門閥貴族は
政権中枢での権力を失っていき、
唐末五代の争乱の時代に、
貴族は滅亡してしまいました。
貴族に代わって、荘園を支配するようになった新しい
地主たちが登場しますが、
彼らを中国語では形勢戸と呼びました。

質問した人からのコメント

2015/1/12 21:22:11

ためになりました。ありがとうございます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる