ここから本文です

映画”アウトレイジ ビヨンド”で質問があります。 ①なぜ最後に大友は死ななかっ...

ton********さん

2015/1/918:47:11

映画”アウトレイジ ビヨンド”で質問があります。

①なぜ最後に大友は死ななかったのか。

他の北野映画では,たけし演じる主人公は最後に生きている意味を失い,誰かに殺されるか自殺することが多いです。
ストーリーの主要な関係者はほとんど殺され,大友の生きている意味も失い,大量に殺人を犯しているので北野監督の傾向を考えると死ぬ方がより道理に沿っていると思いますが,最後に片岡が殺されるシーンで映画は幕を閉じます。

②なぜ繁田のような人物を登場人物として登場させたのか。
「全員悪人」と銘打っておきながら,刑事の繁田は完全な善人です。
警察内部では,片岡と繁田の人物像のコントラストを描いていましたが,それよりも片岡と上層部との山王会の扱いや出世を巡る駆け引きを描いた方が,全員悪人という大義名分のもと全ての登場人物が自分の利益のために動くので,普通は映画全体の調和がとれていると思います。

③終盤のシーンで繁田は何故「一生、ヒラでいいっすよ!」というセリフと共に出世を捨て、現場を離れたのか。
”アウトレイジ”では,カネを巡る抗争で多くの登場人物が自分が一番経済的に得をしようとしていて多くの死者が出ましたが,最終的に「カネより出世ですよ」という片岡の言葉にも分かるように,片岡はカネより出世をとり勝ち逃げし,出世こそ正義であるかのような描かれ方をしていました。
しかし、”アウトレイジ ビヨンド”では,片岡は初志貫徹出世を狙っていましたが,最終的には殺されてしまい,出世もカネも放りだした繁田が正義であるかのようなストーリーで前話からの映画の主張が一貫していないと思います。

補足ご回答、宜しくお願いします。

閲覧数:
2,029
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

電気蟻さん

2015/1/1611:00:11

①大友は前作で一回死んでいますからここでまた死ぬのはいい加減しつこいですし、この作品はあくまでもエンタメなので、ある意味いちばんの悪党であるあの刑事を大友に殺させる事で観客にカタルシスを味あわせる目的があったのでは。
また、北野武監督としては、もしかしたらもう一回くらい続編が作れるかも、だったら大友は生かしておこう、という計算があったのかもしれません。

②③確かにこの刑事はいちばんマトモですね。①でも言ったようにこの作品はあくまでもエンタメですから、そこまで作品としての「初志貫徹」は考えておらず、物語の流れとしてこういう人物も登場したら面白かろう、という程度の発想だったのではないでしょうか。
まあ私としても、一見善人に見せておいて最後に実はこいつも・・・的な展開だったら面白かったのになと思うのですが、北野武の脚本にはそこまで凝ったものは望めない、というところではないでしょうか。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「アウトレイジ 片岡」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる