ここから本文です

「準防火地域で外壁にガルバリウム鋼板を使いたい」 初めて質問投稿します。

ken********さん

2015/1/1017:33:14

「準防火地域で外壁にガルバリウム鋼板を使いたい」


初めて質問投稿します。

準防火地域で木造軸組み3階建ての住宅を計画しているのですが、
外壁をガルバリウム鋼板小波仕上げにしたいと考えています。

準防火地域なので準耐火構造にする必要があると思うのですが、
その場合の壁の構造は、告示でいくと

「外部側下地:せっこうボード12mm以上、内部側:せっこうボード15mm以上等」

になるかと思います。


下地にせっこうボートというのは、どうなのかな?と思うのですが、
例えば、モイスなどのような不燃の下地材兼構造用面材みたいなものを
使うことはできないのでしょうか?

モイスのHPには防火30分までの認定しかないと言われてしまい、
なんだか腑に落ちないというか、普通に使われている気がするのですが、、


壁の仕様は、

外壁側:モイス9mm、通気胴縁18mm

内壁:せっこうボード 15mm

断熱材:羊毛断熱材 100mm

で計画しています。

金属サイディングは値段が上がるためできるだけ使いたくないです。



ご回答よろしくお願いします。

閲覧数:
14,982
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iit********さん

2015/1/1021:24:08

石膏ボードのほうが安いんだからそれ使ってもらえばいいんじゃないですかね?
耐火の認定の為だけなんだから、安く済めばその方がいい

構造材から順に石膏ボード、防水シート、胴縁、外装材です
石膏ボードに釘を打つのではなくて、その中の柱や間柱に釘やビスを打ちます
耐火の為に石膏ボードを挟んでるだけで、下地材として使ってるわけじゃないです
外装材を留める為に胴縁をうちます
その胴縁が下地材であり、胴縁を柱や間柱に留めてるということです
ガルバの外装の時に外壁に石膏ボード貼った事ありますが
まーめんどくさいw

それと、これは余談というか蛇足ですが
12.5mmのボード貼ろうと15mmのボード貼ろうと、手間賃は同じなんですよね
金額変わらず、労働は増える
ボード1枚当たり重さなんてせいぜい5kgくらいしか変わらないけど
それが100枚を超えるんだからだいぶ違いますよ
500kgを最低2回移動させる差になるんです
外部ボード貼りもあれば1t以上の物を数回動かすんですよ、タダでw

しっかり職人を労ってやってくださいねw
体感では普通の倍以上の重さと感じますww

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

uma********さん

2015/1/1110:28:33

モイスなどの建材は個別認定を取っているので、メーカーさんに電話を入れて相談することが最善かと思います。
私は、図面を書くとき(必要寸法を知りたいとき)・確認申請をするとき(認定番号や仕様を知りたいとき)などはどんどんメーカーさんに電話をして聞きました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる