ここから本文です

BNR34のオイル交換に際し、下からドレンボルトを外す方法ではなく、手動オイルチェ...

rb2********さん

2015/1/1303:04:36

BNR34のオイル交換に際し、下からドレンボルトを外す方法ではなく、手動オイルチェンジャーというモノを用いた場合デメリットなどないものでしょうか?

いちいちアンダーカバーを外すのが大変なので、オイルチェンジャーというものに惹かれています。

閲覧数:
427
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rei********さん

2015/1/1305:02:56

車種は違うがオイルゲージから真空引きする廃油槽兼用のオイルチェンジャー使ってる。元々、下抜き派だったけどね。
達成感の違いとチェンジャー自体の手入れの手間位でデメリットは特にない。
抜き残しが気になると思うが、下抜きと同等位の量、抜けてるよ。

耐久性も気になる所だが、完全分解できるし構造も単純だから、ちょっとした補修をしながら10年位使っているよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ryu********さん

2015/1/1318:23:28

>手動オイルチェンジャー

デメリット:意外と重労働です。

ja8********さん

2015/1/1310:19:27

アンダーカバーを外すと有りますがオイルを抜くだけならサービスホールカバーを留めている6mmのボルト1本外すだけなので、そんなに手間だとは思いませんので、目視確認出来る下抜きの方が安心なのでは・・・

ただチェンジャーの場合でもしっかり下限まで届くパイプを使うと下抜きと大差無いと言うか、下抜きより早く抜く事が出来る場合も有りますので、使う場合はレベルゲージ形状や太さに合った物を選択するのが重要と言う事になります

mon********さん

2015/1/1308:23:27

エンジンによってはパイプを抜く時に内部のパーツにはさまってパイプが抜けなくなる
ことがあるよ。
抜けないからって引っ張ると、もっと食い込んで取れなくなる。
レベルゲージがエンジン横についてるやつが、こうなる確率が高い。
クランクとコンロッドのスキマにはさまりやすいんだな。
強く食い込んでしまったらパイプを強引に引きちぎってそのままにするか、
中に残ったパイプの残骸が気になるのならオイルパンを外すしかなくなる。

guh********さん

2015/1/1308:22:07

上抜きでもある程度は抜けます
RB26はアルミオイルパンで底にリブが付いてないから下抜きで結構な量が残ります
上抜きでも良いんじゃないですか

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる