ここから本文です

ライトノベルのタイトルで漢字にあり得ない読みのルビが降られているものが良くあ...

srkhmz_arsnrpnさん

2015/1/1700:22:53

ライトノベルのタイトルで漢字にあり得ない読みのルビが降られているものが良くありますが、
一番最初にそれをやったのは誰の何という作品なのでしょうか?

補足確かに技名とかはよくありますね
でも僕が知りたいのはタイトルでそれを最初にやったのは誰か、ということなのです。

閲覧数:
633
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2015/1/1723:16:13

多分、ライトノベルが始まる前からSFやファンタジーではそういったタイトルが付けられていたと思います。

ライトノベルだと、以下の2作品は古い方ですが、

★「とある魔術の禁書目録」(2004年4月)

★「風の聖痕」(2002年1月)

初期のライトノベルの定番「スレイヤーズ」シリーズに既に出てきています。

★神坂一「白魔術都市(セイルーン)の王子 スレイヤーズ すぺしゃる1」(http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%...、1991年7月)

ライトノベルの始まりがどこなのかというのもありますが、これ以前で有名な作品だと次のものも当て嵌まると思います。

★菊池秀行「吸血鬼(バンパイア)ハンターD」(http://www.amazon.co.jp/%E5%90%B8%E8%A1%80%E9%AC%BC-%E3%83%90%E3%83...、1983年1月)

★平井和正「狼の紋章(エンブレム)」(http://auction.rakuten.co.jp/item/11796185/a/10004211/、1971年、ウルフ・ガイシリーズ)

但し、「ウルフ・ガイ」シリーズは、漫画が原作です。

他の回答者の方も書かれていますが、例えば、文章の中で「首都」という言葉を「ロンドン」、「パリ」、「ベルリン」などと読ませたり、「時計塔」に「ビッグベン」とつけたりするのは、普通に行われています。もっとずっと遡ると(明治期など)、逆にカタカナ言葉にどんな漢字を振るかを競っていたので、もしかしたら、青空文庫のタイトルの中にも、こういうものがあるかもしれません。

質問した人からのコメント

2015/1/21 01:12:13

みなさん回答ありがとうございました
BAを誰にするか悩んだのですが、ラノベについて詳しく書かれていた
angus_kennethさんの回答にさせていただきます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2015/1/1720:28:27

なかなか難しい質問ですね。

まず、質問者さんが想定している「あり得ない読みのルビ」の程度はどのレベルでしょう?

例えば、『軋む楽園(エデン)の葬花少女(グリムリーパー)』というのが電撃文庫にあるようです。

楽園に振られている(エデン)というルビも「あり得ない」認定(らくえん以外はルビとして認めない)されるのでしたら、ライトノベルでなくとも遡れそうな気がします。

ルビは読み仮名だけでなく、訳などの言い替えであったりするのは昔から日本語表記として見られるので……。
例えば、歌舞伎の演目の『伽羅先代萩』(めいぼく せんだい はぎ)とか。

はっきり調べた訳ではありませんが、漢文を日本語で読み下すために、ルビも駆使していたように思います。
その頃は漢語という外国語に日本語音や訳のルビを振っていた訳ですが、その表現法方が逆転して日本語に英語訳カナ表記のルビもありだよね、という感じでしょうか。

2015/1/1700:24:30

いや、ライトノベルが起源じゃなくておそらく漫画。
必殺技とか漢字8文字に上から横文字とかよくあるし。
小説は次だと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。