ここから本文です

「プロレスの格闘競技化」の新ルールを作ってみました(寛流八策) ○試合場

min********さん

2015/1/1708:20:27

「プロレスの格闘競技化」の新ルールを作ってみました(寛流八策)

○試合場

試合場は、同心円状に直径1m、7m、9m、14mの円形として、7mまでは水平で、そこから9mまでは内向きに傾斜10度でどちらも衝撃吸収マットを敷き、
そこから14mまでの場外は厚手の緩衝材をドーナツ状に敷く。ロープや金網は無し。
1mのセンターサークルには象徴となる古代ギリシャレスリングのマークを描く。この舞台は通称「ソーサー(コーヒー茶碗の受け皿)」。
名称候補としては、ディスカス(円盤投げの円盤)、トロス(円形闘牛場)がある。舞台の高さは50cm。3Dホログラムやレーザーで近未来感を演出する。
○服装
服装は、ショートタイツ、手首・足首・肘・膝それぞれのサポーター、主催者提供のシュートボクシングの足底の開いたレガース、マウスピース、ファールカップを必ず着用。
バンテージやテーピングは審判が許可すればOK。これら以外は不可。足裏の松ヤニ以外ワセリン・オイル等の塗布は禁止。
ボクシングがリング&グローブ、UFCがケージ(オクタゴン)&OFGなら、プロレスはソーサー(ディスカスかトロス)&素手が正解。
○勝敗
TKO(レフェリーストップ、ドクターストップ、セコンドのタオル投入)、タップアウト、口頭によるギブアップ、失格負け、判定で決する。
試合は主審1名・副審2名によって裁かれる。審判3名による判定はダメージと積極性重視の減点法で、以下の場合は相手に明確に-1ポイントが課せられる。

・「打」=ノックダウン1回
・「投」=頭・首・背中から勢いよく綺麗に投げ落とした場合やダメージのある投げを行なった場合
・「抑」=3秒以上相手の肩をマットにつけた場合(体勢に入った場合カウントを始める)
・反則=イエローカード相当の反則(イエロー3枚で失格のレッドカード。程度により即失格もあり得る)

打撃や投げで相手を倒した場合そのままグラウンドの攻撃に移って良い。ブレイク後中々起き上がらない選手にはカウントが宣せられ、10秒でTKO負け。
グラウンド状態とは足裏以外の身体の一部が床についている状態を指す。
○その他取り決め
試合時間は10分一本勝負(延長、再延長は共に5分)。場外に出た場合は時間を止める。階級制はUFCに準拠する。
競技名は「LSM(ラスト・スタンディング・マン)」。開始位置は試合場の端と端。試合前のドクターチェックあり。合図はゴングかブザーかホイッスル。
立ち技・寝技共に相手にくっついてから10秒以上進展がない(技が掛からない)場合はブレイクの「10秒膠着ブレイクルール」を導入。
ダブルバウト(2対2)部門や女子部門も別に設ける。段差&傾斜&障害物ありで「三方金網・一方泥」の集団戦もやる。
ゲストは「バキ」の板垣恵介先生。床関係の業者は石井化成工業。
http://www.ishiikasei.co.jp/index.htm
○反則技
目潰し・噛みつき・金的攻撃・髪掴み・喉掴み・鎖骨掴み・ひっかき・つねり・くすぐり、2本以下の指関節への攻撃、顎から上への「頭突き&肘打ち&拳によるパンチ」、
後頭部・頚椎への打撃(回し蹴りで巻き込むのは可)、背中の「脊椎&腎臓部分」への打撃、グラウンド状態の相手の頭部・顔面へのあらゆる蹴り技、
鼻腔・耳腔・口腔・肛門・裂傷した部分に指等を入れる行為、衣服を引っ張る行為、ブレイク中の相手や主審に保護されている相手を攻撃する事、八百長行為、
凶器攻撃、セコンドの妨害行為、場外乱闘、自ら場外に出る・逃げ回る・膠着を誘発させる攻撃・掛け逃げ等の消極的行為やスポーツマンシップに反する行為全般。
○有効技
上記反則技以外のあらゆる打撃(手技・足技)・投げ・タックル・極め技。顎から下への「頭突き&肘打ち&拳によるパンチ」(ぶちかましは全身有効)、
その他の空手の各種手技による顔面・喉等への攻撃(ニーオンザベリーや四点からでも有効)、爪先蹴り、関節への打撃、背中の肺部分への打撃、
相手の頭や首をマットに突き立てる様な攻撃、相手を場外へ放り出す行為、
スタンド・グラウンド両方での関節技・絞め技(蟹挟み、極め投げ・極め打ち・極め蹴りの複合技等も)、自ら倒れ込む・引き込む等でグラウンドに持ち込む行為、
3本以上の指関節への攻撃、グラウンド状態の相手の肩から下へのあらゆる蹴り技。「あらゆる蹴り技」は「踏みつけ・サッカーボールキック・膝蹴り等を含む」。
○格闘技五輪(MAO、マーシャルアーツオリンピック)
16名参加(一回戦8試合+2回戦以降7試合)の「リアル最大トーナメント」をやる。※はバキで実現。
格闘技五輪では服装は統一せずそれぞれの格闘技の格好で試合をやらせるのが正解。

補足バーリトゥードVSムエタイ※
相撲VSキックボクシング
カンフーVSサンボ※
空手道VS日本拳法
ボクシングVSテコンドー※
少林寺拳法VS柔道
修斗VSブラジリアン柔術
合気道VSレスリング※
○コンセプト
・タイマンだ!打倒総合、ボクシング!命を懸けたレゾンデートル(存在証明)!
・四次元と西洋科学と相対性!立ち技・寝技、打投抑圧!
・競技性のプロフェッショナル・レスリング!ダイナミズムの格闘技五輪!

いかがでしょう?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
305
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2015/1/1709:36:24

なるほど、面白そうですね。

ただ、グランドの10秒でブレークは、少し早すぎるかと・・・。

  • 質問者

    min********さん

    2015/1/1709:44:29

    そうですね。そこは10秒にせず主審判断にしてもいいかも知れません。
    フォールを判定に持ち込むことによって、今までの様に寝そべってはいられませんしガードポジションも無理でしょうから、膠着は少なくなると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

o4o********さん

2015/1/1720:44:41

申しわけないですが、まずそれをプロレスとは言わないです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tos********さん

2015/1/1716:06:14

こんな事細かく決められたルール、観ている観客にまで浸透しないし新規のファンが増えないから却下

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ryo********さん

2015/1/1714:39:43

ルールはこれで行くとして、会場の規模や入場料金、開催頻度はどうなりますかね。 このルールだと選手の消耗が激しく試合のインターバルを開けなくては保たないと思います。 試合が減ると選手の収入も減るので、プロとしてはやってられないでしょうね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

miy********さん

2015/1/1708:49:02

凄い企画ですね 驚きました。IGFあたりなら考えてくれるかも。猪木はそういった新しい取り組みは好きだから。ゲストまで指定されてるのはワロタ(笑)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる