ここから本文です

ブラック企業の定義を以下のように考えてみました。 追加・修正すべき点があれば...

ytr********さん

2015/1/1810:13:55

ブラック企業の定義を以下のように考えてみました。
追加・修正すべき点があれば、御指摘して下さる様お願いします。

■全般
1.創業者社長が神様のように崇められている。

2.年間休日数が概ね105日以下と少ない。
3.サービス残業が概ね月50時間以上と多い。
4.深夜:22時以降に電話しても、誰かが直ぐに電話に出る。
5.事務所内に無駄に段ボール箱とかが置かれ、雑然としている。
6.有給休暇を取得できないのは当然である。
7.休日出勤の代休を取得することさえ困難である。
8.人事部付社員の追い込み部屋がある。
9.タイムカードが無く勤怠は自己申告制である。
10.事務職でも週報(または日報)の提出が義務付けられている。
11.週報(日報)が会社に不都合な記載内容の場合、修正させられる。
12.中途入社者の離職率が高い。
13.仕事が出来なくても、会社に忠従なら評価が高い。
14.業務に必要な文房具などは自腹で買わされる。
15.稟議書・各種伝票の押印者が10人以上いる。
16.完全な縦社会で、本社様の言いなり管理職による朝令暮改が多い。

■始業時
1.時間外に社内外の掃除(特に便所掃除)をさせられる。
2.早朝:7時位から管理職による会議が行われている。
3.朝礼が始業時間前に行われる。
4.朝礼で社是・社訓を大声で言わされ、社歌を歌わされる。
5.事務職でもラジオ体操をさせられる。
6.朝礼で上長が長時間(30分以上)説教じみた話しをする。

■就業中
1.無駄な会議が多く、通常業務は時間外に行わざるを得ない。
2.怒鳴ったり机を叩いたりする上司が多く、とにかくうるさい。
3.セクハラ・パワハラが蔓延しているが、誰も文句を言えない。

■終業後
1.夕礼が始まるのは定時退社時刻後からである。
2.夕礼でも上長が長時間(30分以上)説教じみた話しをする。
3.深夜残業が当たり前!業務が完全に終わるまで、帰宅を許されない。
4.上司より早く帰宅した場合、嫌味な内容のメールが送られてくる。
5.重箱の隅を突いたような質問を、携帯電話で深夜にされる。

補足この定義ですが、ブラック企業に入社しないためのチェックリストとして
作成してみました。これらの多くの項目に該当する会社でも、多くの方が
何の疑問も持たないで勤務されているのは十二分に理解しています。

ただし一方で、ブラック企業に苦しめられている従業員・家族も多くおり
入社前にブラック企業か否かが分かれば良いと思って、皆様方から多くの
御意見を賜りたく質問させて頂いています。

閲覧数:
507
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

one********さん

2015/1/2312:43:59

誰にでも出来る仕事は、効率を重んじる企業は、安い給料で、たくさん働かせるのは当然のことです。
そんな人は使い捨てでも、次々に来るからです。

高い能力や技能を持っている人は、企業も高給を払い大切にします。
やりがいを持って自分の能力が生かされれば、厳しくてもブラックなどとは思わないです。
いやいやする仕事だから、無能者はブラック企業などと言うのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

com********さん

2015/1/2418:57:50

最近流行りの「草食系ブラック企業」の定義が抜けていると思います。

■定義
1.業界の頂点に立っており、会社のブランドと予算(金)を振りかざすだけで、仕事が出来てしまう。
2.事務所やトイレの清掃、蛍光灯の交換などは、すべて委託業者がやってくれる
3.本業(製品の設計,評価,製造,検査)も全て子会社やサプライヤー、人材派遣にやらせて、自身は予算を取得して、子会社やサプラーヤー、人材派遣に仕事をやさせて外注管理をするだけ
4.自分は何も付加価値を生み出していないのに、世間一般並みの給料をもらえる
5.失敗したら全て子会社やサプライヤーの責任にして、自らは何ら責任を問われない

上記の様な会社が一番ブラックな企業だと思います。
プライドで品性が歪みますし、口だけで自分では何も出来ない、何の技能・スキルも身に付かない、子会社やサプライヤーを搾取して偉そうにしているだけ、その上現状に不満を持たず満足してしまう・・・
という感じで、言い訳とプライドだけは超一流で、知識と技能と責任感は微塵も持たない「没落貴族」の様な人間に成り果ててしまします。。。

rai********さん

2015/1/1812:13:36

おおむね合っていますよ。
修正するとしたら

>3.サービス残業が概ね月50時間以上と多い。

サビ残では無くとも、36協定違反している会社。
=【組合が無い会社】もブラックです。

私の職場では特定専門業種で無い限り
月に45時間以上の時間外労働は認められません。
それ以上の時(繁忙期)は【特別条項】の適用となります。
これは組合の承諾が無ければ出来ません。

残業代が支給されたとしても
月に時間外労働時間が80時間を超えると産業医の面接になります。
(身体に影響が出ていないか面談が行われる)
それ以上の時間外労働は、労働基準局に相談しても構いません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

w_i********さん

2015/1/1810:41:21

ブラック企業に多く見られる特徴を挙げられているようですが、ブラックとはいえない会社でもやっていることも多いようです。
このような羅列では定義とは言えないのでは。

重要なポイントは違法行為が行われているかどうかという事だと思います。例えば休日が多いか少ないかではなくて違法かどうかがポイント。適法な範囲で少ないのであればブラックとは言えないでしょう。
縦社会とか朝令暮改なんてのは社風の問題であって、違法適法ということではありませんし、人によって合う合わないはあるでしょうけど、合わない人が多いとしてもブラックということではありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる