ここから本文です

喪中はがき・寒中見舞いについて教えてください。 色々調べてはみたのですが、...

kim********さん

2015/1/2110:27:36

喪中はがき・寒中見舞いについて教えてください。

色々調べてはみたのですが、知りたいことを見つけられなかったのでお願いします。

年末に祖父が亡くなり、喪中はがきを送らなければならなかったのですが、どうにも時期が遅かったため、間に合わないので、年が明けてから寒中見舞いとして年賀欠礼のお詫びを送ることにしました。

郵便局で喪中用の胡蝶蘭の切手つきのはがきを購入し、私がパソコンで作成し、印刷して松の内が明けてから投函しました。

しかし、先日祖母から母のところに連絡があり、
「喪中はがきや寒中見舞いはがきは、表書きも細く(ボールペンくらいの細さで)、小さめの文字で書かなければ相手に対して失礼に当たる。めったに無いことだけれど、恥ずかしいから気をつけるように。」
と叱られた、と私に苦情の電話が入りました。

何度も
「なんであんなに大きい字にしたの!」
と言われ、少し気分が悪いです。

そもそも寒中見舞いについて色々調べたのも私で、母は何もしませんし
「あんたに任せているんだから、ちゃんとしないあんたが悪い」
という感じです。
けれど、色々調べてもそんな注意書きはどこにも見つけられず、少しモヤモヤしています。

なんだか祖母が母に文句言いたいだけなんじゃないか、とか色々考えてしまいますが、もし本当ならこの先「知らない」では本当に恥ずかしいとも思いますし。

そんなきまりが本当に存在するのでしょうか。
教えてください。

閲覧数:
3,817
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

leo********さん

2015/1/2718:18:28

そういう封筒の宛名や賞状を書く専門業者の営業担当者です。先の解答者さんとほぼ同じです。宛名や本状(中に入れる挨拶状ですね)を薄墨にするという習慣は確かにありました。今でも、大量に発送する場合に本状を印刷しますが、薄墨であるのとおなじ意味合いにすべく、グレーのインクで印刷することがあります。宛名も同様です。問題の文字の大きさですが、小さくするだの線を細くするだのは常識でも何でもありません。これまで有名デパート、書道用品店、寺社、ホテルなど同趣旨の発注がありましたが、文字の大きさや線の細さに言及したものはありませんでした。なお、弔い事は薄墨にするという習慣は、それほど古くありません

質問した人からのコメント

2015/1/28 20:38:01

降参 とても判りやすく教えて頂き、ありがとうございました。
BAは悩んだのですが、専門家の立場からの説得力で選ばせて頂きました。母も納得したようです。本当にありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

har********さん

2015/1/2110:53:29

以前は、表書きは「薄墨で」というのがマナーだったようですが、現在では黒で書くということで良いようです。
また、その際は楷書体で書いた方がいいと思います。
よく考えてみると、パソコンのソフトに「喪中用・寒中見舞い用」のフォントはありません。ということは、お祖母さんの仰ることは常識とは言えないと考えます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる