ここから本文です

VOXのアンプを買おうと思っているのですが VOX Tonelab EXと VT+シリーズで...

kei********さん

2015/2/1323:58:56

VOXのアンプを買おうと思っているのですが


VOX Tonelab EXと
VT+シリーズではどちらが高機能でしょうか?

できるだけ多い種類の音が出せることが望みです

もしTonelab EXの方が高

機能だとしたら
組み合わせるアンプはどんなのがいいでしょうか?
できればVOXで統一したいです

補足用途は主に自宅練習用です

組み合わせるなら予算的にも機能的にもAC15VRがいいと思うのですがどうでしょうか?

閲覧数:
132
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sou********さん

2015/2/1500:35:12

kei9682ten様がギター暦がどれくらの方かは存じませんので、失礼な回答になってしまったら、申し訳ありません。

もし、初めてギターアンプを自宅練習用に買うという前提で、予算があるのなら間違いなくTonelab EX(マルチエフェクター)とAC15VRの組み合わせがおすすめです。

初めてのギターアンプでしたら、AC15VRで色々といじくり回してください。しかも、アンプ単体で色々なセッティングをしてみてください。ギターの音作りはアンプのみが基本だと思います。エフェクターは便利な道具ですが、アンプ単体である程度の音作りが出来ないと、色々な場面で困ることがあると思います。エフェクターの故障や電源確保の問題でエフェクターが使えないことも、ライブやスタジオではあるかもしれません。そんな時に、アンプでどのように音作りをしたらいいかを知っていることはかなりの武器になります。

もし、最初に買うエフェクターでしたら、マルチエフェクターを自分はおすすめします。色々な機能が詰まっていて、それぞれがどのような働きをするのかを勉強するのにも便利です。なによりもコンパクトエフェクターをいくつも買うより安上がりです。
はじめはパラメーターが多すぎて戸惑うと思いますが、プリセットをいじることから始めれば、なんとかなるものです。

Tonelab EXは歪み系はいいエフェクターだと思います。自分も一時期使ってました。この歪みはかなり気持ちいいので、弾いていて楽しくなります。ヘッドフォンも使えるので、夜の練習にも使えます。
しかし、空間系のセッティングはあまり細かいところまでパラメーターをいじれません。自分は、ディレイタイムを正確に設定できないことから、歪み系専用機と考えています。

このことから、マルチエフェクターはもっと細かいところまでパラメーターをいじれるものを選ばれた方がいいと思います。
値段的には少し上になりますが、ZOOM ( ズーム ) / G5などは意外に評判はいいようです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる