ここから本文です

危機理論を説明せよと言う問題があった場合、危機の定義「危機とは、環境や心身の...

van********さん

2015/2/1423:32:39

危機理論を説明せよと言う問題があった場合、危機の定義「危機とは、環境や心身の状況が変化して困難な事態〜」ではなく、アギュララとメズイックやキュブラーロスの言う理論を答えればいいので

しょうか?
しかしそれだと危機理論を唱えた学者の数だけありますよね?
危機理論の定義は調べも出てこないのですがこの場合適当な人のをあげればいいのでしょうか?

閲覧数:
6,490
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tac********さん

2015/2/1510:01:48

危機そのものの定義は「災害、事件、事故、病気、家族の死などにより、何らかの変化が起こり、生活の均衡が崩れた状態である。」(心理学辞典より)とされています。

広義での危機理論では「人生上の重要目標が達成されるのを妨げられる状態に直面した時、習慣的な課題解決法をまず始めに用いて、その事態を解決しようとするが、それでも克服できない結果発生する状態」を危機状態と定義しています。(危機介入とコンサルテーションより)

これはキャプランの定義ですね。キャプランは危機理論の創始者と言われています。危機理論を構築したキャプランとリンデマンは危機理論を語る場合外せないでしょう。なので広義に危機理論を説明するとしたら、キャプランの定義を持ち出せばいいと思います。

ただ、他の理論家の定義も答えられるのであれば、それぞれの定義を説明すればいいと思いますよ。

危機理論における危機の定義
危機理論の創始者ともいわれているキャプランは、「クライシス状態は、人生の重要な目標に向かうとき、障害に直面し、一時的、習慣的な問題解決を用いてもそれを克服できないときに発生する状態である。混乱の時期と動揺の時期が結果として起こり、その間、解決しようとする様々な試みがなされるがうまくゆかない。結果的にはある種の順応が、その人やその人の仲間にとってもっとも良い結果をもたらすかもしれないし、そうでないかもしれない形で達成される。」(1961)と、定義しています。また、危機を別な観点でとらえ、「危機とは、不安の強度な状態で、喪失に対する脅威、あるいは喪失という困難に直面してそれに対処するには自分のレパートリーが不十分で、そのストレスを対処するのにすぐ使える方法を持っていないときに経験するものである。」(1964)とも述べています。
また、ブルームは「危機とは、ある特別な出来事に続いて必然的に起こる状況と定義できる。危機は危機を促進する出来事から始まるもので、それに続いて、危機か否かを識別するような反応を生じないこともあるし、1ヶ月かそこらで解決されたように見える反応が現れる場合もある。」(1963)と述べています。
クスは、「危機というのは、個人が持つ普段有効な問題解決能力が使えない、または、その機能が大きく低下している心理的な非常事態を示すものである。」(1985)と述べています。
さらにウォルカップは、危機を1つの過程としてとらえ、次のように定義づけています(1974)。
①まず精神のバランスを保つシステムに何らかの変化が起きる。②そのシステムがその人の内面からの要求と、現実に起こっている外界からの要求とのバランスが崩壊していると感知する。③そして、このシステムは習慣的に問題解決能力使用する(能動的援助)と同時に、状況的に自分が助かるようなことが起こることを願い(受動的援助)、崩れてしまったバランスを取り戻そうと試みる。④この両方の援助方法が問題解決に失敗してしまう。⑤そして、どうすることもできないような無力感や何をしても無意味に思えるような感情が混乱した行動となって現れる。

http://crisis.med.yamaguchi-u.ac.jp/intro.htm

危機モデル
http://crisis.med.yamaguchi-u.ac.jp/model.htm

質問した人からのコメント

2015/2/15 10:28:35

降参 丁寧にありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる