ここから本文です

窓周りの断熱について質問があるのですが、窓枠が入り 窓周りだけまだ石膏ボード...

oip********さん

2015/2/1523:12:27

窓周りの断熱について質問があるのですが、窓枠が入り
窓周りだけまだ石膏ボードが張られてない状態、

結構窓枠と柱の間の隙間が指1本分くらい空いてるのですが、

隙間からアルミのサッシ枠が奥に見えてます。

ガラスは2重窓です。
1枚の窓だけ、あとはクロスを張るだけの部分があるのですが、
断熱材など入れている様子もないので、アルミサッシからから冷気や熱気?が伝わるのではないか?思うのですが、
窓枠周りは断熱材は通常いれないのでしょうか?
窓枠周りは1,2㎝なのでスプレータイプの断熱材をするべきでしょうか?

閲覧数:
1,184
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

tet********さん

2015/2/1715:13:59

木造住宅に場合は、サッシのW寸法が1690mm(関東間)で出来ていて、柱が105mm角の場合には両サイド柱との隙間が12~3mm出来ます。
通常はその部分は断熱材などの充填はしませんが、サッシ建具がペアーガラスで断熱構造になって居るのですから、スプレータイプのウレタン断熱材などを吹き付け施工した方が良いでしょうね。
壁面(ボード施工前の)はグラスウールその他の断熱材を施工してくれるとは思いますが。
見積もり外と云う事でしたら、自分で購入して施工してください。
発泡が多すぎると後で取るのが大変ですから、サッシ枠などには養生テープを貼ってから施工してください。
隠れる木部などは後でカッターナイフで削り取れば良い。
余り寒いと、ウレタン断熱スプレーも発泡しませんから、お湯をバケツに入れてその中でスプレー缶を適度に温めて施工すると良いです。
大工さんなどは、金属製バケツでお湯を沸かす電気ヒーターなどを持って居ると思いますので、大工さんに借りて下さい。
木工ボンドが資材の余分な所に付いた時に拭き取る様に、雑巾バケツにお湯を用意して有るのが普通。(冬季の場合)
クロス屋さんなども持って居る。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

kam********さん

2015/2/1823:39:23

いくつかの「質問」にお答えください。

①建設されている地域はどこなのでしょうか? 「寒冷地」ですか?

②アルミサッシと書かれていますが、樹脂との複合サッシではなくて、全くの「アルミサッシ」なのでしょうか? この場合には取り付けている木材との接触部分での、「結露の恐れ」がありますよ。

③スプレー缶タイプの発泡ウレタンでは、綺麗に奥まで施工する事は出来ませんから、止めた方が良いと思いますよ。 この建物の「断熱材の種類」は何なのでしょうか? 現場で余った材料をキチンと詰込めば良いだけの話ですよ。

「補足」があれば「追記」が可能です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる