ここから本文です

解体業で独立を目指している23歳です。 現在、解体業の元請け会社で営業・工事...

shi********さん

2015/2/2522:49:45

解体業で独立を目指している23歳です。
現在、解体業の元請け会社で営業・工事管理・事務(見積もりの作成等)全てを行っています。

将来的に会社員ではなく、個人事業主(もしくは設立会社)で営業から工事管理、事務を行いたいと考えています。
その為の人脈作りは今の会社で行い、独立した後もその人脈を利用して取引を続けようと考えています。

今の会社に入社してから日も浅く役職もついていない為、建設業の許可に必要な経営管理責任の許可要項は満たす事が出来ません。

これから僕が踏むステップは今の会社で実務経験を積んで何らかの資格を取った後独立し、500万以下の工事を請け負って経営管理責任の許可要項を満たしてから大きい工事を請け負うまで目指す事でしょうか?
僕は下請け(現場作業員)になるわけでなく元請けとして実際の作業は下請けに頼む方向で考えているのですが、個人事業主でも元請けとなる事は出来ますか?

宜しくお願いします。

閲覧数:
1,881
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2015/2/2522:59:37

できます。
軽微な建設工事(建築一式工事以外の場合)となりますので
工事1件の請負代金が500万円未満の工事(税込)のみです。
(税込みですから今後消費税があがると実際の請負金額は下がります)
しかし、仕事を多くやっていくうちに500万以上の依頼も
舞い込むでしょうから建設業許可はいずれ必要でしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる