ここから本文です

遺産相続の件ですが、子がふたりの場合、片親はすでになく、もう一方の親の相続が...

the2008pockysanさん

2015/3/805:10:17

遺産相続の件ですが、子がふたりの場合、片親はすでになく、もう一方の親の相続が発生したとき、法律では特段の遺言がなければ各々1/2ずつ相続するのは知っております。

ただ、長男が現在でも1/2以上当然として相続すると公言しています。わたしは、妹です。親の面倒は、ほぼ同等に面倒をみています。

昔から、嫁にでたものは、長男に一歩ゆずるものだといっています。家族制度が昔であれば、そうだとおもいますが、今の民法では、身分の差はないと思います。兄弟間てもめるのも、気がひけるのですが(今後の付き合いもあり)、おりあいがつかない(あまりにも、相続分にちがいがあるとき)は、家庭裁判所の調停というのがあるとききました、双方の言い分をおだやかに調停していただけれるのか、法律にくわしいお方にご指南いただけないでしょうか。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
710
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2015/3/807:11:16

調停と裁判の違いは、当事者同士の合意が調停では必要であるということです。

穏やかにことを済ますことができるのは、長男の意思次第ですから。

調停員が出した調停案を長男が拒否すれば、調停不成立ですね。

まぁ、一般的に見てあなたが調停にかけること自体、長男としては穏やかではないですね。怒り心頭というところでしょうか^^

双方の意見が違うなら、どうも穏やかにとはいかないですね。

ならいっそのこと調停でも裁判でも起こして長男とは袂を分かてばよろしいかと思いますよ。

一番穏やかな方法は、まだ存命中なんでしょ。

遺言の作成を依頼されるのが一番ですね。長男とも話し合って。

もめごとが起こらないよう公証人役場で作成されるといいでしょう。

http://www.office-arahata.com/category/1577530.html

  • 質問者

    the2008pockysanさん

    2015/03/0808:05:20

    話し合いというのが大切だということですね。ここをあいまいにして
    おきますと、ゆくゆく問題がおこるということなのはよくわかっているのですが、どうもまともな話し合いになりそうにもありません。
    ドライにわりきって、1/2を主張するか、そこそこで満足するかの択一ですね。
    親の意向できまることでもあり、意向を明確にしてくれるといいですが、子供の両方に介護してもらっていることもあり、子供の両方にいまのところ双方の言い分をきいている状態です。遺言作成はまずまとまらないと思います。家族会議を親が開く気ないと思います。

    それはそれ、として、貴重なご意見(情報も含めて)ありがとうございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

「遺産相続 もめる」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。