ここから本文です

2面性をもつ(普段は温厚だが、何かしらのタイミングで残虐的になるみたいな)ギ...

wav********さん

2015/3/1319:26:36

2面性をもつ(普段は温厚だが、何かしらのタイミングで残虐的になるみたいな)ギリシャ神話の神様を探しています。ギリシャ神話以外でもそのような神様がいれば教えてください。

あと詳しい説明が書かれたギリシャ神話のおすすめサイトがあれば教えてほしいです。

閲覧数:
576
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tom********さん

2015/3/1323:49:21

うぅ~ん。
神様は神罰を下すときには非常に冷酷に行いますから、どの神様がたでも、とも思います。
しかし、質問の意図としては、そういうものではないのではないか、とも思うのです。

神様ではないのですが、メーデイアなどはこの質問の答えとして適切かもしれません。
もっとも、彼女の場合は人格が入れ替わるという感じではなく、思いつめすぎて現代の私たちから見ると極端に過ぎるアクションがあった、ということですが。

メーデイアは黒海の奥にあるコルキスという国の王女でした。
今でいうと、なかなかに話題の多いクリミア半島のあたりです。
彼女は、すでに優れた魔術のスキルを持っていました。

イアーソーンが、プリクソスとヘレーを救った黄金の羊の毛を求めてコルキスに来たとき、彼女はイアーソーンに一目ぼれをしてしまいます。
父であるアイエーテースが出す難題の解法をいくつも提供してイアーソーンを助けます。
そして、イアーソーンがギリシアへ戻るとき、彼女も一緒にアルゴー号に乗るのでした。

父であるアイエーテースの率いる船団が追ってきます。
船足は向こうの方が早く、追いつかれるのも時間の問題と思われました。
メーデイアは連れてきていた幼い弟のアプシュルトスを八つ裂きにして海に投げ入れたといいます。

アイエーテースが息子の遺骸を拾い集めている間に、アルゴー号は時間と距離をかせぐことができました。

ギリシアへ戻ったイアーソーンですが、あるとき、他の女性との再婚を勧められます。
メーデイアがいるにもかかわらず、です。
イアーソーンも社会的な圧力があったのか、ナゼか乗り気です。

メーデイアは花嫁へ着物を贈りますが、その着物に花嫁が触れると炎に包まれてしまいます。
慌てて駆け寄った花嫁の父親も、一緒に焼け死んでしまうのでした。
一方、メーデイアはイアーソーンとの間にできた子供たちを殺し、いずこかへ去っていくのでした。

後に、アテーナイに来てアイゲウスに取り入り、テーセウスがアイゲウスの子であることをいち早く見抜いて、まだ何も知らないアイゲウスにテーセウスを殺すように唆します。

ヘーラクレースは、愛する子供たちを自らの手で殺してしまいますが、これはヘーラー女神が送った狂気のゆえでした。
それでも、このことが発端となって彼の名高い12功業がはじまるのですが。

質問した人からのコメント

2015/3/16 02:29:36

ありがとうございます。参考になりました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

vir********さん

2015/3/1319:56:59

有名なのは太陽神アポロンですね。
息子であるアスクレピオスが神々の禁を犯して死者を蘇生させ、ゼウスによって雷霆により処刑されました。
すると、アポロンはなぜか、雷霆の作成者サイクロプスを虐殺。待て、完全に御門違いだ、その怒り。


ギリシャ神話のサイトさんなら、万神殿の屋根裏部屋さんがお勧め。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる