ここから本文です

長嶋茂雄と松井秀喜は言葉などなくても分かり合えるのですか?

fb51341さん

2015/3/1516:08:43

長嶋茂雄と松井秀喜は言葉などなくても分かり合えるのですか?

長嶋茂雄の指導の仕方はかなり異質みたいですね。
天才肌の人物は論理立てて説明するのが苦手なのか身振り手振りや思いつく言葉をとりあえず言って見るもののほとんどの人は理解不能だそうですが松井秀喜だけは完全に理解していたようです。
アメリカに行った時に松井が長嶋茂雄に電話して相談をしてたら素振りの音を聴いただけでいろいろ助言してたら松井がわかりましたとなったそうです。
そのやりとりを聞いていた息子の一茂は理解不能だったそうです。
天才同士だから言葉などなくてもフィーリングというやつで分かり合えるのでしょうか?
天才だからこそわかる?

長嶋茂雄は実際指導方法は定評はあったのですか?
やはりカリスマ的な存在こそが最大の武器ですか?
戦術面などは優秀な参謀などがいたのでしょうか?

閲覧数:
263
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2015/3/1600:02:09

G党です。

あの運命のドラフト会議で長嶋さんが松井を自らの下へ手繰り寄せてから、ふたりの間には言葉では表せない絆と以心伝心の理解が出来たのだと思います。

長嶋さん自ら、松井四番打者1000日計画という壮大なプロジェクトを立案し、手取り足取りでの指導が全てを物語っています。

天才は天才を知るとはまさしく、長嶋さんと松井さんの師弟関係そのものです。

長嶋さんから直々の指導を受けることが出来るのは、松井や由伸、慎之助のような天性の素質を持った選手だけです。

それは若手の指導に限らず、ベテラン選手の再生も同様で、落合、清原、石井浩郎、工藤といった実績ある一流の選手たちを自らの下で見事再生させたのも長嶋さんです。

一流を創り、一流を育て、悩める一流選手に救いの手を差し伸べる術が長嶋さんはお持ちです。

また采配などの戦術的なことについても長嶋さんは他の監督たちにはない、天性の的確な閃きと言葉では表せない説得力のある選手起用法や戦術を思い描くことができる優れた指揮官でしたから、長嶋さんそのものがまさしく戦術と言っても過言でありません。

長嶋さんは指導者としても歴史に名を残す一流の監督です。

質問した人からのコメント

2015/3/22 01:03:10

一流をつくり、一流を育てられるのは一流だけと。
だから普通の選手には彼の言葉は理解不能なんですね。
天才は天才を知るということでしょうか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。