ここから本文です

医薬品卸の今後についての質問です。 こんにちは。

nat********さん

2015/3/2704:00:02

医薬品卸の今後についての質問です。

こんにちは。

医薬品卸企業は利益が大手でも1%に満たないし、製薬メーカーからのリベートで現状維持してる状況みたいですが、今後もこのような経営が続いてくのですかね?
何か卸業以外で新しい事業を行って利益を多く出していこうという試み(もしくは卸業で利益を多く生み出すような工夫)はしないのでしょうか?
よろしくお願いします。

閲覧数:
4,333
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

y85********さん

2015/3/2718:17:42

医薬品卸はかなり統合されました。
自社でジェネリックや自社開発品を行っている医薬品卸もあります。
これは1つの流れかもしれません。
そして医薬品卸はほとんどが製薬メーカーに株を持ってもらっています。
しばらくはこのままリベートや達成報奨(キャンペーンなど)で続くのではないでしょうか。
次は医療器械の分野にメスが入るでしょうね。ほとんどが外資系なので野放しですが、医薬品のように統合されると思います。

  • 質問者

    nat********さん

    2015/4/313:58:47

    回答ありがとうございます。
    医療業界は比較的安定してるとは言えど、企業ごとはこれからも努力が必要なのですね。
    勉強になりました。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mic********さん

2015/3/3113:59:30

続くと思われます。
日米構造協議によって価格決定権を持った医薬品卸は、リーゾナブルゾーン(R14→R8→、、、など)を狭められました。
メーカーが仕切り価格を最低限に抑える状況に今後も変化はありません。
合併を繰り返す事で大きくなった卸はいずれもフルラインナップディラーに近く、これ以上の差別化が厳しい状況です。

医薬分業が進み、得意先軒数が増えたMSは処方元の医師より目先の購入実権者である調剤薬局にばかり目がいっています。メーカーにとって医師に弱いMSは存在理由がないため、仕切価を下げる意味が無いのです。その結果、新薬納入軒数や回転注文数など目先のアローアンスばかりを求め、益々リベート比率が高くなります。

現在、大手卸ではコントラクト業や、ジェネリックへの参入など幾つかの工夫によって利益率改善にむけた努力をしています。しかし大きなウェイトを占めるまでに至っていません。

年商1兆円を超える卸の利益が1%だとしても100億円、薄利多売ですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

dra********さん

編集あり2015/3/3000:35:00

はい。今後も続いて行くと思います。
昨年2014年3月は薬価改定前、増税前の駆け込み需要がありました。まだ良かった方です。
今年度は0.?%でしょう。1%営業利益が出た年はかなりいい方です。
まず、本業の医薬品卸についてです。これ以上良くなることは厳しいです。
現在はほとんどの卸がほとんどのメーカーを取り扱えます。差別化が難しく価格競争になっています。
そして
長期収載品の特許切れ続発により売上にならない後発品ばかり増えています。後発品は納入価の競争が一層激しいです。メーカー直販が多く、対薬価50%で納入されることも珍しくありません。だいたいの後発品が先発品の半分の薬価ですから、先発品薬価の1/4で納入されます。4倍近く売らなければいけませんね。さらに卸の利益も売上が小さいので取れません。
また、2010年問題に続く2017年問題があります。これは現在、製薬会社と医薬品卸の売上の種になっている長期収載品の特許が多く切れる年で 2017年問題と言
われています。同時にこの年は消費税10%にもなります。
さらにMSの価値です。院外処方が増えれば増えるとMSの価値は薄くなります。昔は院内処方が多く開業医では強いMSにくっつくMRもいました。しかし、現在は院外処方が進んでいます。いくら院内の活動を頑張っても門前薬局がチェーン薬局であれば本部で帳合が決まり、発注先卸が決まっています。つまり、MSが頑張っても意味がないです。MSのモチベーションも下がり、メーカーMRもタイアップしにくい状況になっています。
特に外資系メーカーは再三、卸のMSの活動評価が日本は過大であると苦言を呈しています。
このような状況では今後、本業で稼ぐことは難しくなる一方です。
卸以外の事業はすでにやっています。
・調剤薬局の経営
・コントラクトMRの派遣
・オーファンドラッグなどの投資
・製造業に参入。
このほかにも様々な取り組みをしています。
特に4大卸はすでに上記のようなことをしています。
その他は毎年、販管費の抑制に必死です。つまり人件費の抑制ですね。卸はなくなることは考えにくいですが、稼げるビジネスモデルではないと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる