ここから本文です

メンテマシーンのフォワードオイルとリバースオイルについて 現在のメンテマシ...

wal********さん

2015/4/200:58:15

メンテマシーンのフォワードオイルとリバースオイルについて

現在のメンテマシーンはフォワードオイルとリバースオイルの組み合わせで構成されていますが、質問があります。

ケーゲル社のFLAXの様にフォワードとリバースでオイルの種類を変える場合(アイス&ファイア)でなく、通常の1種類のオイルの散布の場合

①フォワードもしくはリバースのみ(片側)では、現在使われている様なオイルパターンは再現できませんか。
とあるポイントにフォワードで5リバースで3の量のオイルが散布されるのであれば、リバースで8散布すれば、計算上は同じ厚みになるはずです。

メンテマシーンをインクジェットプリンターに例えれば、往復で印刷する機械はありません。
両方向からオイル散布する事は、現在のメンテマシーンの性能上やむを得ない事なのか、別の意味があって敢えて両面から散布しているのでしょうか。


②機械に入力する際、フォワードとリバースを逆に入力すれば、オイルの量は同じでも、レーンに載かっていく順番が変わります。(メンテ表の横断面で、青→紫が紫→青になる)
この場合、実際の投球での差異はあるのでしょうか。
(例:リバースオイルの方がキャリーダウンしやすい)

閲覧数:
1,713
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

bye********さん

2015/4/312:15:20

オイルを階段状に盛り上げるためには、両方向からの散布が理想的だからです。
正確に手前を厚くして、奥を階段状に薄くする時、圧を加えてオイルを散布しますが、管の中の圧が完全になくなって、オイルが出なくなるタイムログがあるため、より正確にオイルを貼るには、戻りで途中からオイルを散布する方が正確に貼りやすいからです。

フォワードが大きいと、キャリーダウンが速いでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/4/8 10:02:05

お二人ともありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

fat********さん

2015/4/309:21:12

FLEXは分かりませんが、少し古いカストーディアンなら、オイルを直接レーンに散布しているのではなく、一旦ローラーに受けてから間接的にレーンに散布するので、ヘッダから出す量を変えても、レーンに散布されるオイルの量に反映されるまでにタイムラグがあります。
また、フォワードの際にはオイルをレーンに馴染ませるためか、レーンに巻かれたオイルを前方に伸ばすような仕組みになっているので、フォワードとリバースでは同じ量のオイルを出すよう設定しても、結果は違ってきます。
先のオイルを徐々に薄くして、オイルの伸びを軽減する工夫かと思います。
リバースの意味は、レーン手前のオイルを厚くするためではないかと思います。
オーソリティーはフォワードのみなので手前のオイルを厚く入れられず、レーン変化が早いと聞いています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる