ここから本文です

木造のツーバイフォー住宅と、鉄骨住宅ならどちらの方が地震に強いのでしょうか?

sas********さん

2015/4/313:41:19

木造のツーバイフォー住宅と、鉄骨住宅ならどちらの方が地震に強いのでしょうか?

例えばパナホームのCM?かなにかで、試験で百回以上巨大地震を再現してすべてに耐えたというものを見ました。
それをみると明らかに鉄骨がすごいように見えるのですが、その通りなのでしょうか?

閲覧数:
1,815
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aut********さん

2015/4/313:51:55

作り方次第ですよ あとは地震の通り道次第でしょう
地面が50cmもずれた真上なら どんな建物もアウトですよ
台の上でずらすのと 自然のエネルギーは 規模がちがうよ
同じ強度でも 2階にGピアノや 本が何トンでも 大差だよ

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

kamapan_2006さん

2015/4/517:30:02

①どちらとも言えませんね! 一番の地震対策とは建物全体の「「バランスの良さ」なので、一方にだけ窓が集中する様な建物の形であれば「RC造(鉄筋コンクリート)」でも耐震性能を確保する事は難しくなるのです。

➁パナホームなどでは、2階の床に「スラブコンクリート(普通の鉄骨造では作ります)」を設けない「軽量鉄骨造」なので、どうしても水平構面の耐力確保が難しいので、揺れやすい構造になるのです。

③建物の状況だけで暮らせるのか? の判断は出来ない事。 実際に東日本大震災では特に大きな被害が無かった、千葉でも海沿いの「住宅地」では、大規模な「液状化現象」が発生してしまい、家が傾く方も中にはいましたが、家には何の被害が無くてもマンホールが浮いてしまい「下水」が使えなくて、普及工事が完了するまで「仮住まい」に引っ越しするしか、対応する方法が無かった方もいますので、もっと広い視点で「家作り」を見ていないと、無意味な事になりますよ。

「補足」があれば「追記」が可能です。

D-3さん

2015/4/423:44:30

ともに新築で建てたなら、大して差はないです。
強度設定はメーカーは必要最低限法的に合格するレベルで考えられてますから


地震の場合、地盤の方がかなり大事です
活断層などの真上なら、否が応でも壊れますし、
家自体は無傷でも先の浦安のように、基礎から傾くなんてこともありますから


長期的に考えるなら、この二択だと鉄骨ですね
2x4は湿気に弱く、建前時雨が降ると致命傷です


ともに20年後、30年後同じ強度を保ってるか?と言えば
やはり鉄骨のがまだマシだと言えるでしょう。

cos********さん

2015/4/412:58:58

テレビCMを信用するなど、客観的、正常な判断が出来ないということですよm(__)m
しかも、耐震性などというものは、実験などでは判定できません。
第一、実験住宅と、現実に売っている住宅とは、全く違います。
そんなものを信用するなど、どうかと思います。

kuh********さん

2015/4/410:17:22

いろんな意見はあると思いますが、家が持つかどうかなんて、命が助かるかどうかに比べたら、ごくごく些細なことです。

鉄骨の住宅が、大地震で鉄骨がひん曲がって、そのあと、とても人が住める家じゃなくなったとしても、そのくらい強い地震なら、木造住宅の場合は、折れて倒壊する可能性が極めて高くなります。構造のわずかな違いなんて、巨大地震の前にはむなしいだけです。

倒壊して押しつぶされて死亡する確率は、木造のほうがはるかに高いのですから、そう言う意味じゃ、地震が原因で命を落とす確率は、鉄骨の方が低いという評価だけで充分すぎるほど充分だと思います。

家なんて建て替えればすむもの。でも命は作り直せませんからね。
そのあと建物が使い物にならなくなるかどうかなんて、そんなことは、命を失ったら全く無意味な話になるのですから、耐震性に関してだけ言うなら、地震の瞬間だけ命を救ってくれる可能性がより高い構造の家を選ぶのが正解だと思います。

ただし家選びは、耐震性だけが検討項目じゃありません。総合的に評価して、いろんなところを妥協しながら家は造るのですから、だから木造より鉄骨の方が優れているなんて事には全くなりません。

mb3********さん

2015/4/320:38:09

鉄骨住宅は確かに地震には強く、倒壊などはほとんどないですが、問題はそのあとです。許容量を超えた力が入った場合に、鉄骨は歪んだり、曲がったりして元には戻りません。そのため。あとからその建物が使えるかどうかです。東北の震災でも、倒壊は免れたがあとが使い物ならずに建て替えた物件は多かったようです。そういう面では木造のツーバイフォー住宅の方が生き残りが多いようです。今回の地震で津波に対する備えが必要なことが発覚しましたが、あの巨大なエネルギーの並みの力にはどんな建物も対応できません。

軽量鉄骨の建物は家を揺れやすくして、振動を吸収します。大きな地震の時は家の中にはいられないほどです。大きな地震があった時はセキスイの家ですが、家が壊れると思って飛び出しました。恐ろしく家が揺れます。大きな地震でも壊れることはないようですが気分的には落ち着きません。
壊れにくいから命は守られるという面ではCM通りではあります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる