ここから本文です

大気圏を少し出たあたりで、仮に直径1km程度の小惑星同士が相対速度30km毎秒...

yum********さん

2015/4/417:36:42

大気圏を少し出たあたりで、仮に直径1km程度の小惑星同士が相対速度30km毎秒程度の速さで正面衝突した場合、その後の経過はどのようになると思いますか??

1.地上から衝突の様子は見えるが衝撃波は伝わらず、何事もないように見える。
ただ破片はいくつか飛んでくる。


2.この場合には大気圏外で、直径1kmの小惑星2つが相対速度30km毎秒が減速されないままに衝突が起こるので、大小様々な破片が飛び散り、膨大なガス・気体が発生し大気圏内にも侵入するので、当然に衝撃波は伝わってくる。
しかし衝撃波よりも先に大小様々な破片が地上に到達する可能性は大。


3.1908年にロシアで起こった有名なシベリア・ツングースの大衝突のような事になる。


ということで、前代未聞の話なのでどのようになるのか?
詳しい方、予想をお願いいたします。

補足ちょっと難しすぎましたかな???
2の後で3のようになりそうですよね・・・
1は有り得ないでしょうねWWW

閲覧数:
72
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ideasさん

2015/4/522:07:15

小惑星同士が30km/sの相対速度で衝突するってどういう軌道要素なのかちょっと分りませんけど。
とりあえず一つが地球と並走していてもう一つが逆向き軌道で衝突したと考えます。

正面衝突でほぼ完全な非弾性衝突とすると衝突後の合体した塊は15km/sで地球から離れます。運動エネルギーは全て熱エネルギーに変わります。30km/sで正面衝突だと1キログラム同士で9億ジュール!(TNT爆弾は1kgで400万ジュール)岩石は高温ガス化する筈だから爆散しますね。
ここからはよく分かりませんがこの衝撃波の速度が15km/sを超えるのか?
秒速15キロメートルって音速の50倍に近いけど衝撃波の速度の計算がわからないm(__)m

もし超えないなら1.もありえる。光は届くから熱線のレベルによっては何事もないって事もない?かな…。

  • 質問者

    yum********さん

    2015/4/609:32:20

    素人さんはコロッと信用するのかもですが^^;;;

    完全な非弾性衝突をした場合、地球上空で合体した塊が静止します。
    すると次にはその塊が地上に自由落下することになるので大変な騒ぎに@@;;

    地球から離れるという確率があるとすると、そのまま塊で地球に衝突する確率もありますよね。

    自然に考えて、大小様々な破片になり、地上にかなりの物が降り注ぐ。
    じゃないでしょうか?^^









  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kaw********さん

2015/4/419:39:44

隕石が地上に落下するパターンは多いですが、大気圏外で巨大な小惑星が正面衝突するケースは自然現象としてはまるでないので、予想がしにくいですかね??

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる