罰金刑について簡潔に知りたいです。 法廷で罰金30万を言い渡されて、その日に釈放。 そして、その日を除いて14日後(その日を入れて15日後)に刑が確定し検察庁から納付通知書が2,3日後に届く。

補足

お2人方もの解答ありがとうございます。 もちろん、ずっとほったらかしにし続けて無視でとおらない。という事は分かっています。何回か再度通知が送られてきて最終的に出頭命令。それにも応じなかったら強制収監。 ただ、ほったらかしにしたらどのくらいの日数で強制的に収監されるのか?というところが知りたくて... また、無視し続けたあげくに30万を最終的に払えばそれで済むのか....

法律相談448閲覧

ベストアンサー

0

>ただ、ほったらかしにしたらどのくらいの日数で強制的に収監されるのか?というところが知りたくて...  それは検察官にしかわからないでしょうね。検察の都合なので「一般的に何日か?」もわからないですよ。 >また、無視し続けたあげくに30万を最終的に払えばそれで済むのか....  はい。済みますよ。 「罰金払わない罪」なんてないので罰の上乗せはありません。そもそもあなたへの刑罰は「罰金刑」だけなんです。払えば終了  ちなみに、労役場は刑務所だけではなく、拘置所の場合もあります  「このまま検察からのお迎えが来るまでシカトして、お迎えが来たら仕方がないから罰金を払って終わらせたい」って事ですか?  

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2015/4/8 1:22

その他の回答(1件)

0

検察庁の呼び出しを無視していると、突然、検察庁職員が家や職場に来て、直ちに刑務所に収容される可能性があります。⇒問答無用です。 納付の締切りの日に全額用意できないなら、速やかに検察庁の徴収担当に電話し、納付相談をしてください。突然、家や職場に何人もの職員がやってきて、その場で手錠をかけられるのは嫌ですよね。