ここから本文です

先日徳島空港で、JAL機が滑走路上に作業車両がいるのに管制官の指示通りに着陸して...

sky********さん

2015/4/906:28:51

先日徳島空港で、JAL機が滑走路上に作業車両がいるのに管制官の指示通りに着陸して、パイロットがそれに気付き衝突を回避した。

というインシデントがありましたが、これはパイロットのとっさの判断で回避できたわけですが、こういうとっさの判断というのは訓練で培われるものなのでしょうか?それとも本来パイロットに必要な適正というものなのでしょうか?みなさんはどう思うか教えてください。

閲覧数:
90
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lpj********さん

2015/4/908:59:56

飛行機は離陸と着陸が一番危険と言われているので、訓練も十分に受けていると思います。
もちろん、とっさの場合の判断力も必要だと思います。
逆に自衛隊の管制官の能力が問題になると思います。
点検後テスト飛行中に、不時着したヘリコプターといい、運が良かったから人名に影響はありませんでしたが、自衛隊にはしっかりしてほしいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ren********さん

2015/4/909:37:46

「タッチ・アンド・ゴー」は操縦の基本的な訓練の一つなのでそれなりのスキルはあったのでしょう。
しかし、状況によっては滑走路にタッチした時すでに手遅れ・・もあり得るわけです。
今回は車が滑走路の中間あたりに居たこと、視界が良かったことが幸いしたのでしょう。
結果OKで済ましてはおけない重大事です。

rum********さん

2015/4/906:46:32

その両方じゃないですかねぇ。
誰もが成れる職業じゃないし、選ばれた者が様々な訓練を積んで得とくした咄嗟の判断。
正に「天晴れ」ですな!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる