ここから本文です

抵当権の順位譲渡は付記登記によってされるけど、 順位変更登記は主登記でされる...

みりさん

2008/1/2602:51:24

抵当権の順位譲渡は付記登記によってされるけど、
順位変更登記は主登記でされるのはなぜなのですか?

どうしてそういった違いがあるのですか?

閲覧数:
2,050
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

順位変更登記は、順位変更にかかる権利関係を明確に公示するためには、主登記の方が簡便で好ましいから です。
(形式的には、付記登記は「例外」なので、「付記登記による」旨の規定が無ければする事が出来ません。)

抵当権の順位譲渡は、「所有権以外の権利(抵当権)を目的とする権利に関する登記」であって、「既にされた権利に関する登記と一体のものとして公示する必要がある」からで、もっと言えば、性質上 主登記(抵当権設定登記)と同一順位に置く必要があるから です。
(形式的には、不動産登記規則3条4号が付記登記でする旨を定めています。)

質問した人からのコメント

2008/1/27 01:12:25

成功 わかりやすいご回答ありがとうございました^^またよろしくお願い致します♪

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる