エスプレッソで捨てたコーヒー粉にカビが… 自宅でホームエスプレッソマシンを使ってエスプレッソを淹れています。 マシンはデロンギのEC221です。

エスプレッソで捨てたコーヒー粉にカビが… 自宅でホームエスプレッソマシンを使ってエスプレッソを淹れています。 マシンはデロンギのEC221です。 http://barista.delonghi.co.jp/products/ec221.html グラインダーで極細挽きにし、抽出したあと、 ビニール袋を被せたノックボックスに使用済みのコーヒー粉を廃棄しているのですが、 数日後に覗くと必ずカビが生えています。 単に風通しや日当たりの悪い場所だからでしょうか?(自作の深箱ノックボックスです) それともグラインドや抽出が悪く、抽出後にハンドルを外すと粉の上に抽出し切れなかったお湯がたっぷり溜まっていて、水分が多いせいでしょうか? 個人利用なので毎日マメに捨てればいいのですが、廃棄した粉にカビが生えるという話はあまり聞かないので、なにか不作法があるのでは…と心配です。 どなたかご教授いただければ幸いです。 よろしくお願いします。

カフェ、喫茶1,461閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

カビ発生の必要条件は「酸素」「温度」「湿度」「養分」 と言われています。 一般に・・・・・ ●酸素 コレは問題なく、生活する場ならありますよね! ●温度 20~30℃位が発生し易く、25℃前後で活発になり 35℃以上になると、その発生が止まる・・・と言われています。 ●湿度 空気中の水分が多いほど、カビは好み、発生し易くなります。 ●養分 カビは、生きていく上で 蛋白質・アミノ酸・炭水化物・脂肪・その他の栄養物を必要とし、 自力で作れないので、外部から摂取します。 勿論、自分で作る養分も在りますが・・・・・ さて、珈琲ですが エキスプレッソにしろ、ドリップにしろ、 極細挽きでも、中挽きでも、荒挽きでも、 拡大してみればお分かりの通り 蒸気や熱湯で、砕いた豆の表面を撫で通し 豆が持っている、美味しい部分だけを抽出します。 サイフォンでも、パーコレーターでも 抽出時間は決まっていて、 美味しい部分が出たら、豆を取り出します。 つまり 豆の内部には、未だ、カビの好きな養分は残っていて 室温は、カビの好きな温度にピッタリ! 水分も酸素も十分に在りますので、 カビが発生しない方が、おかしい・・・・・ 「廃棄した粉にカビが生えるという話はあまり聞かない」 のは、認識不足で、 私自身、デロンギ・コーヒーメーカー・サイフォン フレンチプレス・ドリッパー等、色々持っていて、使いますが カビを見たくないので、豆は直ぐ処分します。 抽出済みの豆を、ビニール袋に入れているなら、 それを 冷蔵庫や冷凍庫に入れたら、如何ですか? カビが、発生し辛くなります。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

発生条件など詳細ありがとうございます! 普段料理などほとんどせず、エスプレッソにばかり傾倒しているので基礎的な知識が抜けていました;; 確かにあれほど油分がにじみ出るコーヒー豆ですから、使用済みとはいえカビにとっては栄養満点なんですね。 ビニール袋はノックボックスが汚れないように付けているだけで、特に再利用などは当面考えていないので、面倒臭がらずこまめに廃棄するようにします。 ありがとうございました。

お礼日時:2015/4/26 8:57

その他の回答(3件)

0

コーヒーだからではなくて、湿ったものを風通しのわるい箱に入れておけば、カビは生えると思います。 エスプレッソでなくて、普通にドリップで出したあとの豆ガラを捨てても同じことが起きるし、湿らせたパンとかを同じように入れておいてもカビは生えますよ。 もちろん素材によって生えやすいもの、生えにくいものはありますので、コーヒーが生えやすいのかもしれません。

0

私もエスプレッソケーキにカビが生えます。 真冬に寒い場所に放置していても生えましたから 水分があると生えやすいんじゃないでしょうか。 勘違いかもしれませんが、 カビが生えたほうが 農薬まみれじゃないように思えて ちょっと安心してしまうのです。