ここから本文です

健康診断の項目について。 医療事務初心者です。 無資格で内科クリニックの受...

lun********さん

2015/5/1003:09:42

健康診断の項目について。

医療事務初心者です。
無資格で内科クリニックの受付をしています。そこで質問です。

よく患者さまから会社に出すための健康診断を受けたいとお問い合わせ頂き

ます。
私も過去にサービス業をしていた時、雇い入れ時に必要なフツーの健康診断を受けたりしていました。項目など指定されず分からないので事務員さんにフツーの健康診断を受けたいって言えば通じると思っていました。

ですが、私のいるクリニックでは「フツーってありません。項目が分からないと検査出来ません」と言って患者さまに検査方法まで事細かに聞いて、それから点数を計算しておおよその金額を伝えています。すごく要領が悪いと思うんですが。

フツーの健康診断と言うのは存在しないんですか?
学校に出すとか、バイト先に出すとか、フツーのって。。

閲覧数:
1,017
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

tnm********さん

2015/5/1008:37:54

普通の・・・
っていうのは有りません

もし「普通の」と言うなら
会社と医療施設で契約書を取り交わします
その中に項目名と料金を取り決める・・・
だからある程度以上の病院では
会社毎に項目をセットにしてある

労安法の指定項目で省略できる項目もあるし・・・

さすがに検査法までは指定しませんよ
それこそ「一般的」な方法で
たとえば健診では実施しませんが
風疹などの抗体価測定では
HI、CF、EIA・・などの方法があり
夫々結果の解釈の仕方が違う
しかし一般的になら「HI法」と言う方法が普通です

またGOT(肝機能)、血糖などで測定の方法まで指定されたら・・・
その方法でできません!!と言うようなものもあります
っていうかその病院、検査受託会社では
決まった一つの方法でしか測定はしません

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ニャーさん

2015/5/1109:15:54

医事課勤務です。
「フツー」のはありません...
医療機関はあくまでも医療機関であって、健診センターはあくまでも健診のみ。
健診センターでやってるセット項目と同じものをやれば、結局は同じ内容になるので...それでも問題は無いですが、血液検査は一項目としてセットで出来ますがレントゲン、バリウム等と、健診センターと同じ事を全てしようと思うと、施設の機器や予約上1日では無理な場合があります。
なので、医療機関では健診の様な事を受けてない場合が多いです。
市町村や企業と提携してれば話は別ですが。
なので健診だけを受けたいなら健診センターに行くのが一番早いです。
結果通達に対してもそうです。
健診センターで検査を受ければきちんとした紙で郵送されてきますよね(結果一覧表のシステムを入れている)しかし医療機関では、バラバラの血液検査結果(纏まってない医療機関向けのデータ)しかなく、それをまた一から入力して患者に渡すとすれば、手間料金も自費で頂かないといけません。
そして、翌年翌年とデータを比較、更新していかなければいけない問題もあります。
そういう事を考えると、やはり健診は健診。病院は病院。役割分担という解釈になります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2015/5/1005:23:06

労働安全衛生法・規則に定められた法定検査をやれば充分でしょう。

第一節の二 健康診断
(雇入時の健康診断)
第四十三条 事業者は、常時使用する労働者を雇い入れるときは、当該労働者に対し、次の項目について医師による健康診断を行わなければならない。ただし、医師による健康診断を受けた後、三月を経過しない者を雇い入れる場合において、その者が当該健康診断の結果を証明する書面を提出したときは、当該健康診断の項目に相当する項目については、この限りでない。
一 既往歴及び業務歴の調査
二 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
三 身長、体重、腹囲、視力及び聴力(千ヘルツ及び四千ヘルツの音に係る聴力をいう。次条第一項第三号において同じ。)の検査
四 胸部エックス線検査
五 血圧の測定
六 血色素量及び赤血球数の検査(次条第一項第六号において「貧血検査」という。)
七 血清グルタミックオキサロアセチックトランスアミナーゼ(GOT)、血清グルタミックピルビックトランスアミナーゼ(GPT)及びガンマ―グルタミルトランスペプチダーゼ(γ―GTP)の検査(次条第一項第七号において「肝機能検査」という。)
八 低比重リポ蛋白コレステロール(LDLコレステロール)、高比重リポ蛋白コレステロール(HDLコレステロール)及び血清トリグリセライドの量の検査(次条第一項第八号において「血中脂質検査」という。)
九 血糖検査
十 尿中の糖及び蛋白の有無の検査(次条第一項第十号において「尿検査」という。)
十一 心電図検査

(定期健康診断)
第四十四条 事業者は、常時使用する労働者(第四十五条第一項に規定する労働者を除く。)に対し、一年以内ごとに一回、定期に、次の項目について医師による健康診断を行わなければならない。
一 既往歴及び業務歴の調査
二 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
三 身長、体重、腹囲、視力及び聴力の検査
四 胸部エックス線検査及び喀痰検査
五 血圧の測定
六 貧血検査
七 肝機能検査
八 血中脂質検査
九 血糖検査
十 尿検査
十一 心電図検査

雇い入れ時の健康診断も、定期健康診断もほぼ同じ内容です。
全部をセットにしておいて、合計15000円也で、あてくしのところは引き受けています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる