ここから本文です

民法第五百五十一条2項に「負担付贈与については、贈与者は、その負担の限度におい...

pan********さん

2015/5/1421:01:41

民法第五百五十一条2項に「負担付贈与については、贈与者は、その負担の限度において、売主と同じく担保の責任を負う。」とありますが、具体的にどのような事例が考えられますか?

閲覧数:
48
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pqp********さん

2015/5/1422:23:31

車あげるからタクシー変わりを十回しろと約束し、タクシー代わりを十回してもらっておいて
車が壊れてたなら、タクシー代相当くらいを限度に修理費を出してやれってことさ

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kaz********さん

2015/5/1421:31:27

例えば、贈与者の目的物の価格が負担の額に足りないときには、
負担の額と等しくなるまで損害を賠償しなくてはならないということです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる